つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全仏オープンテニスのシングルス3回戦、錦織が勝利4回戦に進みましたが、大坂は敗退しました。

今日は錦織対ティームの4回戦が行われます。
Roland Garros French Open - Official Site

ATPランキング21位で第19シードの錦織圭(Kei Nishikori) が  65位のジル・シモン(Gilles Simon)に6-3、6-1、6-3のストレートで勝利。
終始、錦織ペースの試合展開で、シモンに付け入るスキを与えず、1度もブレークされずにストレートでの勝利でした。
オーソドックスなストロークプレーヤーのシモンは錦織にとって久しぶりに戦いやすい相手でした。
厳しいショットでシモンを左右に振り回し、最後にウイニングショットを決めるパターンで危なげのない勝利でした。

4回戦では 8位で第7シードのドミニク・ティーム(Dominic Thiem)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の2連勝中ですが、2015年と2016年の対戦で、トップ10へランクアップしてきているティームはかなりの強敵です。

ATPの公式サイトにも4回戦の注目カード(ポップコーンマッチ)として取り上げられています。
Nishikori Vs. Thiem On Tap For Star-Studded Sunday
「It's the popcorn match of the fourth round. 」


WTAランキング20位で第21シードの大坂なおみ(Naomi Osaka)が 13位で第13シードののマディソン・キーズ(Madison Keys)に1-6、6-7のストレートで敗退。
第1セットは1ゲームしか取れずに1-6で失いましたが、第2セットはお互いに2ブレークずつでタイブレークに。キーズにもミスショットが多く、タイブレークを取っていたら十分に逆転の可能性もありましたが、惜しいところで落としてしまいました。
試合を通してファーストサーブインの確率が50%。強力なファーストサーブが武器の大阪選手、もう少し入っていたら展開は変わっていたかもしれません。
また、大坂選手はクレーコートでの経験が少ないからなのか、フットワークが非常に重く感じられました。まだまだ、クレーコートでの練習が足りないようです。
次のウインブルドンと全米での活躍を期待したいと思います。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全仏オープンテニスのシングルス2回戦、錦織、大坂が勝利、3回戦に進みました。

今日は錦織と大坂の3回戦が行われます。
Roland Garros French Open - Official Site

ATPランキング21位で第19シードの錦織圭(Kei Nishikori) が 51位のベノワ・ペール(Benoit Paire)に6-3、2-6、4-6、6-2、6-3のフルセットで勝利。
ペールのサービスゲームを2度ブレークして第1セットを6-3で取る幸先の良いスタートでしたが、
第2セットに入ると、ダブルフォルトやセカンドサーブを強烈なショットで叩かれる厳しい展開になり、第2、第3セットを連続で取られてしまいました。
第4セットに入ると、集中力をアップした錦織に対して、ペールに徐々に疲れが見え動きが悪くなりミスショットが多くなり、第4、第5セットを連取して勝利。

錦織選手の試合では第1セットを簡単に取った後に第2セットに入って流れが変わってしまうケースが多く見受けられます。3セットストレートに取りきる集中力の持続ができないようです。

3回戦では 65位のジル・シモン(Gilles Simon)と対戦します。
過去の対戦はありません。
シモンは第12シードのサム・クエリーを破っての勝ち上がりです。錦織選手にとっては198cmの長身のクエリーよりも戦いやすい相手だと思われます。


WTAランキング20位で第21シードの大坂なおみ(Naomi Osaka)が 51位のザリナ・ディアス(Zarina Diyas)に6-4、7-5のストレートで勝利。
サーブ、ストロークともに勝る大坂の危なげのない勝利でした。
特にバックハンドのダウンザラインが厳しいコースに決まっていました。

3回戦では 13位で第13シードののマディソン・キーズ(Madison Keys)と対戦します。
過去の対戦成績は大坂の2連敗中です。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全仏オープンテニスのシングルス一回戦、錦織、大坂、が勝利、杉田、西岡、奈良が敗退しました。

今日は錦織と大坂の2回戦が行われます。
Roland Garros French Open - Official Site

ATPランキング21位で第19シードの錦織圭(Kei Nishikori) が 304位のマキシム・ジャンビエ(Maxime Janvier)に7-6、6-4、6-3のストレートで勝利。
第1セット、初対戦のジャンビエの極めて攻撃的なテニスに苦戦し、サービスゲームをブレークされる危機がありましたが、最後の1ポイントを与えずにタイブレークに持ち込み、タイブレークでは一方的に取り、その勢いのままに第2セットの第1ゲームでジャンビエのサービスゲームをブレーク。後は錦織ペースとなりストレートで勝ちました。

2回戦ではベノワ・ペール(Benoit Paire)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の3勝2敗です。

46位の杉田祐一(Yuichi Sugita) が 103位のオラシオ・セバリョス(Horacio Zeballos)に 4-6、7-6、4-6、2-6で敗退。
第2セットをタイブレークで取りましたが、最初から最後までセバリョスペースの試合でした。
杉田のショットが浅く、セバリョスにドロップショットを決められるパターンがすごく目立ちました。このところ初戦敗退が続いていますが、以前と比べてショットのレベルが落ちているように見えました。


258位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) が 35位で第30シードのフェルナンド・ベルダスコ(Fernando Verdasco)に7-6、4-6、3-6、7-6、5-7のフルセットで敗退。
互角の打ち合いで長時間の試合となり、西岡に十分に勝てるチャンスがありましたが、最後は足が痙攣してしまいほとんど動けない状態となってしまいました。
怪我から復帰した西岡選手、スタミナ面ではまだ完全には戻っていないようです。


WTAランキング21位で第21シードの大坂なおみ(Naomi Osaka)が 92位のソフィア・ケニン(Sofia Kenin)に6-2、7-5のストレートで勝利。
ケニンのサービスゲームを3度ブレークして、第1セットを6-2で取った大坂でしたが、
第2セットではテンションが落ちてしまったのか、動きが悪くなり1-5にまで追い詰められてしまいました。しかしここから一気に6ゲームを連取してストレートで勝利。
サーシャコーチになって、以前に比べて随分と精神的に安定してきた大坂選手ですが、まだまだ精神面の強化が必要のようです。

2回戦では51位のザリナ・ディアス(Zarina Diyas)と対戦します。
過去の対戦はありません。


94位の奈良くるみ(Kurumi Nara) が 26位で第26シードのバルボラ・ストリツォワ(Barbora Strycova)に6-1、3-6、4-6の逆転で敗退。
ここのところ不調のストリツォワのサービスゲームを2ゲームブレークし、第1セットを6-1で取ったところまでは奈良ペースで楽勝かと思われましたが、第2セットはお互いサービスゲームをキープす流れに。2-3からのサービスゲームを落とすと流れはストリツォワに。第2、3セットを連続で落としての逆転負けとなってしまいました。


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

杉田祐一公式ブログ

西岡良仁 公式サイトTwitterFacebook

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitter

奈良くるみ公式ブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全仏オープンテニスの女子シングルスに第21シードで出場している、大坂なおみ選手の日清食品のCMが面白いとネットで話題になっています。
日清食品のサイトに動画がアップされています。
カップヌードル「大坂半端ないって 篇」

このCMの元ネタの「大迫 、ハンパないって」の動画。
大迫 、ハンパないって!!フルバージョン

少し古いですが、錦織圭選手の英語で語る動画もアップされていました。
カップヌードル「HUNGRY・K 篇」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

いよいよ全仏オープンテニスが始まります。
今年は男子は錦織、杉田、西岡、女子は大坂、奈良の合計5名がシングルス本戦に出場します。

Roland Garros French Open - Official Site

初戦いきなりトップ10選手との対戦の無い、比較的恵まれたオーダーだと思われます。

ATPランキング21位で第19シードの錦織圭(Kei Nishikori) 対 304位のマキシム・ジャンビエ(Maxime Janvier)
順調に勝ち上がると3回戦で第12シードのサム・クエリーと対戦します。

46位の杉田祐一(Yuichi Sugita) 対 103位のオラシオ・セバリョス(Horacio Zeballos)

258位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka)対 35位で第30シードのフェルナンド・ベルダスコ(Fernando Verdasco)


WTAランキング21位で第21シードの大坂なおみ(Naomi Osaka)対 92位のソフィア・ケニン(Sofia Kenin)
順調に勝ち上がると3回戦で第13シードのマディソン・キーズと対戦します。

94位の奈良くるみ(Kurumi Nara) 対 26位で第26シードのバルボラ・ストリツォワ(Barbora Strycova)

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

杉田祐一公式ブログ

西岡良仁 公式サイトTwitterFacebook

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitter

奈良くるみ公式ブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

日大アメフトのラフプレーの件で、加害選手、監督・コーチ、学長の記者会見と続きました。

テレビ放送の行われていない試合での出来事で、昔だったら、映像もなく大きな問題とならなかったでしょうが、大学の経営にまで影響を及ぼしそうな大事件となってしまいました。

個人的には、今時まだこんな理不尽なスポーツの指導がなされていたのかと驚きましたが、今回の経緯を見て行くと、非常に勉強になることの多い事例だと思いました。

(1)SNSの普及で事実の隠ぺいが難しくなった
関学大の小野宏ディレクターの話では「試合当日は、私もスタンドで見ていたが、視界から完全に離れたところで起こったので、誰1人気づかなかった」とあります。
『殺人タックル』はSNS通じ発覚 関学大・小野宏ディレクター明かす「試合当日、誰も気づかなかった…」-zakzak
観客がスマホ片手に試合を見ながら撮影している時代です、テレビ中継が無くても汚いプレーは直ぐにSNSで拡散されてしまいます。学校の品格を汚さないようなフェアプレーの徹底はこれから益々重要となってくると思われます。

新聞やテレビなどの既存メディアの記者がいくら頑張っても、全国の個人がスマホで撮影しSNSで拡散するスピード、量にはかなわない時代となっています。


(2)加害選手、監督・コーチ、学長の記者会見
加害選手の会見は経緯を追って詳細に説明するもので内容に信ぴょう性が感じられましたが、監督・コーチの記者会見では「指示はしていない」と否定するだけで具体的な納得できる説明がされず、質問にもしどろもどろと言う状況でした。
学長の会見に至ってはただ謝るだけで、何も新しい事実は発表されませんでした。

もしも、今日の記者会見で学長が、
「監督の意図が違ったとしても、結果的に傷害事件となるようなプレーをさせるに至ったことを重く受け止め、学校として教育者として資格がないと判断し、監督ならびに理事の職も解任した。」
などと発表していたら、今回の件も大きく終息に向かっていたことでしょう。

また、監督・コーチの記者会見の司会者の横柄さが目立ちましたが、過去の不祥事会見でも非難の声上がっていたようです。
日大司会者、過去の不祥事会見でも非難の声上がっていた-SANSPO.COM
なんと、その時の事件が「日大名誉教授が元暴力団幹部からの2000万円を借金していた問題の謝罪会見」とあります。
今回の事件は、「選手がまるでヤクザの鉄砲玉のように扱われている」と、ネットで話題になっている時に、暴力団がらみの事件での謝罪会見で評判の悪かった司会者が出てくると言うのも、明らかな人選ミスだと思われます。
日本一のマンモス大学で、このような稚拙な対応がされることが不思議でなりません。


(3)日本大学には危機管理学部がある
まるでパロディーのようですが、日本大学 には危機管理学部があり、
日本大学 | 危機管理学部
「人を、社会を、未来を守る。」とあります。
伝統ある学校を、未来ある青年を守るために、今回の件を最高のケーススタディーとして危機管理学部の教授陣が適切なアドバイスを行って対応していればこのような大ごとにはならなかったのではないでしょうか。


(4)傷害事件として捜査は警察に任せるべきでは
例えスポーツの場で起きたことでも、ルール違反の傷害行為は傷害事件として被害届を出して、あとの捜査は警察に任せる方が良いのではないでしょうか。

加害選手の記者会見では冒頭に20歳の学生なのでアップで写すのは控えるように弁護士の方から依頼がありましたが、テレビではそれを無視してアップして放送していました。
もしかして、現場のカメラマンは映したくないのに会社の命令でやっているのかもしれませんが、それでは日大と同じ体質と言うことになってしまいます。

監督・コーチの会見でも質問は一つずつと言われているのに、無視して同じような質問を何度も繰り返していました。
何度も記事の捏造事件などの不祥事を起こしているマスコミが、人民裁判のように他人を責め続けると言うのもいかがなものかと思います。


(5)プロスポーツ
日大のアメフトの報道を見ていると、朝から晩までの長時間の練習を行っているようですが、運動能力の高い人が、それほどスポーツに打ち込むなら、アマチュアスポーツではなく職業としてプロを目指すべきなのではないでしょうか。

例えばJリーグ所属チームのジュニアチームでしたら、選手は財産ですから大切に育ててくれるでしょうし、根性論ではなく指導のプロが科学的な育成プログラムに基づいて指導をしていると思います。

中学生のころから米国のIMGアカデミーで指導を受け、トッププレーヤーとなった錦織選手は37億円ほどの稼ぎがあります。
「世界で最も稼ぐスポーツ選手」首位は2年連続ロナウド 年収102億円-Forbes

今の時代は、仕事においては、いつでも転職できるような実力をつけておかないと、パワハラに負けて心身症になったり、上司の言われるがままに不正行為を働いてしまったりと言うことになりかねません。
スポーツの世界でも最終的にはプロとなって、いつでもチームを変われるような実力をつけることを目標とすべきだと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ