つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),バードカービング,ベランダ菜園・果樹,音楽,海外旅行,国内旅行,グルメお取り寄せ,スモーク,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

April 2007

ブログ村 美術へ>にほんブログ村 美術ブログへ

趣味の水墨画の作品 兜 

水墨画 兜
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へブログランキング・にほんブログ村へ

先日、テニス仲間の一人がお亡くなりになり、生前にテニス仲間宛に書かれた「お別れのメッセージ」が奥様から届きました。まだ、60代の中程なのですが。定年になってから、朝は壁打ち、昼間はテニス教室か仲間と公営コートでと言う形で、元気にテニスに打ち込んでられたのですが、何年か前に煩った、咽頭ガンからの闘病生活に力尽き、丁度桜の散る季節に旅立たれました。現役時代は、仕事仲間と野球をやっていたようですが、リタイアと共に野球はやめて、テニスに打ち込んでおられました。最近、定年後のお便りで、強靭だった方がガンを患っていると言うお話も伺いました。自分自身も年齢的にも死というものに対して考えさせられるこのごろです。       合掌
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へブログランキング・にほんブログ村へ

仕事が忙しいのに、今朝はBSでついつい、レッドソックスの松坂の試合を見てしまいました。普段は野球などほとんど見ないのに、マスコミに踊らされ易いタイプなもので。ファーボールで押し出しにしてしまったので敗戦投手も仕方ないのかもしれませんが、それにしてもバッターがあまりに打てないように思います。
一方でバージニア工科大学で韓国人学生による銃の乱射事件がありましたが、皆があこがれる大リーグのようなアメリカンドリームの影には、大きな落差で屈折した世界があるのでしょうか。不満が暴力に結びついた時に、銃が自由に手に入る社会と言うのは本当に恐ろしいものだと思います。犯人の遺体にIsmail Ax(イスマイル アクス)と言う字が書き残してあり、意味が解っていないようですが、何か理由の糸口があるのでしょうか。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へブログランキング・にほんブログ村へ

金曜日は恵比寿ガーデンプレイスのビヤステーションで飲みました。恵比寿にある会社へ転職した人と会ったので、久しぶりに行って見ました。7時半に入ったのですが、既に飲み終わって帰る人がいました。結構早く終わって、飲んでる人が多いのですね。2時間飲み放題と言うコースもあったので、5時半からだとちょうど7時半で2時間といったところでしょうか。ぐるなび でクーポンを印刷して持って行ったので、ビールが一杯ただで出てきました。最近は居酒屋へ行く事が多く、ビアホールへ行く事は無かったので、広々としたビアホールで新鮮な気分で飲めました。ソーセージやポテトなどをつまみに、ハーフ&ハーフをジョッキで飲んで良い気分で帰ってきました。最近の夏のような陽気だとビヤガーデンへ行きたくなってしまいます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へブログランキング・にほんブログ村へ

アメリカでギングリッジ元下院議長が移民に対して移民の母国語より、英語の教育が大切だと言った趣旨の発言の中に、差別用語が含まれていたようで、問題となっているようですが、アメリカに住んでいたらもちろん英語が重要だと思います。
知人の息子さんが、アメリカで英語学習の為に開発された英語の発音とつづりの規則性を学ぶ「フォニックス」と言うメソッドで英語を教えてくれるスクールに通っています。移民の多いアメリカでは覚えやすいように、教育手法にも色々と工夫がされているようです。我々が中学の頃は、英語の発音が全くだめな、生きた言葉としての英語を理解していない、教師に教わっていたわけで、何年も学習しても外国人と挨拶の一つもかわせないような状況でしたから、本当に無駄な学習をさせられたのだと思います。
参考:フォニックスとは
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

にほんブログ村 美術ブログ 工芸・陶芸へブログランキング・にほんブログ村へ


 今日は自転車で駒沢のギャラリー美土里でやっている備前焼の森大雅さんの作品を見に行って、一口ビアマグを一つ購入しました。登り窯で焼く備前焼は作品の焼成位置や置き方、他の作品との位置関係などから、色々な顔を持った作品が出来上がるので、電気やガスで焼成する作品と異なり、趣があります。森さんにそれぞれの作品について、窯のどのような位置で、どのように(縦、横など)焼成したかなどを丁寧に説明していただきました。私の購入したビアマグは片側が火襷で反対側に灰がかかった作品でした。
 帰りには卵の殻に入った「うふプリン」で有名なキャトルに寄って、ケーキにコーヒーでブレークしてから。帰ってきました。妻はミルフィーユ、私は和栗のモンブランを食べました。和栗のモンブランはなかなかの味でした。形も普通のモンブランとは違っていました。帰ってから、森さんの備前焼のビアマグでビールを飲んでみたら、非常に細かい泡が立って、旨いビールをくいただけました。

森大雅 キャトルのミルフィーユ キャトルのモンブラン
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ