つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

September 2007

土曜日に東京港野鳥公園の中で開催されているバードカービング作品展を見た後に、野鳥公園の中を一通り見てきました。最初は鵜ばかりに見えたのですが、カルガモ、イソシギ、サギ、姫鵜など色々な種類の鳥がいました。説明の係りの人もいて、鳥の名前を教えてくれました。すぐに忘れてしまいますが。羽田飛行場が近くて着陸コースのようで、頻繁に飛行機が飛んで行きました。ネイチャーセンターの中や観察小屋には望遠鏡も備え付けてあって、遠くの鳥が大きく見えました。この望遠にデジカメをくっつけて撮影したら、鳥がそこそこ大きく撮れました。干潟に出ることもできるので、お子さん連れにはお勧めですが、土曜日と言うのにほとんどお客さんはいませんでした。これだけの設備があるのに、もったいない事です。
行きは浜松町からモノレールで流通センターまで行ってから歩いて行ったのでけっこう時間がかかりましたが、帰りは野鳥公園の入り口の前のバス停留所で大森行きのバスに乗れたので楽でした。大森の駅前に巨大なブックオフがあったので、立ち寄りましたが、書籍が豊富なのに驚きました。高価な絵画関連の書籍が安く売っていたので購入しましたが、重くてすごくしんどい帰りとなってしまいました。

参考:東京港野鳥公園のホームページ。
東京港野鳥公園

東京港野鳥公園の野鳥 画像東京港野鳥公園の野鳥 画像
東京港野鳥公園の望遠鏡 画像東京港野鳥公園の野鳥 画像
東京港野鳥公園の野鳥 画像東京港野鳥公園の野鳥 画像
東京港野鳥公園の観察小屋 画像東京港野鳥公園 飛行機 画像

福田さんが首相になりましたが、今朝新聞で見たら、昭和11年生まれの71歳と言う事です。私の回りだと60過ぎたら完全にリタイアか、せいぜいアルバイト程度に働いている人ばかりなので、びっくりしました。また、歳をとってくると、私などもそろそろそうですが、大体話はいつもほとんど同じ様な内容で、なかなか新しい話題は出てきません。国のトップになったら、新しい問題を検討・分析して決断をしていかないといけないので、頭脳・気力ともについて行けるというのがすごいと思います。もともと若い頃の頭脳の鍛え方が違うのでしょうか。新聞でチョット気になったのが収入のところに、年金と言うのがあったことです。私の姉などの話だと、あまり働いて、年収がある金額を超えると年金が入ってこないと言っていましたので、何で2000万円近い所得があるのに年金があるのか不思議に思いました。

にほんブログ村 美術ブログ 工芸・陶芸へブログランキング・にほんブログ村へ

昨日はバードカービングクラブ木翔舎主催のバードカービングの作品展が東京港野鳥公園の中のネイチャーセンターで開催されていたので見てきました。すばらしい作品がたくさんありました。展示会場の係りの方に伺ったところ写真撮影OKとの事でしたので写真を撮らせていただきました。
最近、横浜の方へバードカービングを習いに行き始めたので、まだ、刻り始めたばかりで、このような作品作りに達するのは、10年くらい先になると思いますが、良い作品を見て意欲がわいてきました。ちなみに、この作品展は9月29日(土曜日)までやっています。

参考:東京港野鳥公園のホームページ。
東京港野鳥公園

バードカービングの作品展(東京港野鳥公園) 画像バードカービングの作品展(東京港野鳥公園) 画像

バードカービングの作品展(東京港野鳥公園) 画像バードカービングの作品展(東京港野鳥公園) 画像


木彫りでつくる野鳥バードカービング (NHK趣味悠々)
バードカービング―野鳥を彫る
バードカービング―木彫りの鳥を作ろう

ブログ村 美術へ>にほんブログ村 美術ブログへ

7月に旅行に行った上高地の大正池を水墨画で描きました。気に入った場所の写真を撮ってきて、帰ってから水墨画にしました。旅の思い出シリーズで旅行に行った場所を水墨画の風景画にして行きたいと思っています。

趣味の水墨画 上高地 大正池 画像


プチすいぼく―やさしい水墨画入門
やさしい水墨画―基本テクニックと作例
筆ペンからはじめる水墨画
龍を描く―略画から作品まで

昨日は、サラリーマン時代に同期入社した友人が大阪から久しぶりに出てきたので、品川の東口で会食。品川は新幹線が停車するようになってから、もう4年になるようですが、それにしても発展にはすさまじいものがあります。インターシティーができたころに、仕事でソニーさんへ行ったことがあるのですが、その時にも驚いたものですが、それから急激な拡大を続けています。品川インターシティーのホームページに「品川駅東地区開発の全貌」と言うページがあって、東地区の写真や、今後の開発のイメージ画像が掲載されていました。
同期入社の友人はあと3年余りで定年とのことでした。奥さんには働くか勉強するかとにかく家にはいないでくれと言われているようです。しかし、サラリーマンは現役中は仕事で忙しくて、退職して暇になっても家には居場所がなくて、落ち着くというのが難しい職業です。

参考:品川インターシティー 品川駅東地区開発の全貌

ブログ村 美術へ>にほんブログ村 美術ブログへ


水墨画教室で描いた、虎の水墨画
作者に似て、貧相な、痩せた虎になってしまいました。
水墨画 画像 虎

プチすいぼく―やさしい水墨画入門
やさしい水墨画―基本テクニックと作例
筆ペンからはじめる水墨画
龍を描く―略画から作品まで

このページのトップヘ