つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

October 2007

昨夜は本当に久しぶりに六本木へ。待ち合わせに時間があったので、すっかり変わってしまった六本木を一通り見物。
まずは東京ミッドタウン(Tokyo Midtown)へ。高層ビルがニョキニョキ。中は高級ショップばかりでしょうから入口まで。六本木の交差点へ戻って、先日、ジョントラポルタの出演している「ヘアスプレー」を見たので、なつかしくなり、スクエアビルは今どうなっているのかと思って行ってみたら、閉鎖していましたがスクエアビルの看板は残っていました。ウィキペディアにでていましたが、今年で解体されることになったそうで、「六本木の隆盛を共にした建物の解体を惜しむ声も多い」とありました。さて、ヘンリーアフリカはどうなっているかと行ってみると、ビルは昔のままのようですが、店は無くなっていました。それから、また、六本木の交差点の方へ戻ってくると、煌々と明かりのついたペットショップが。可愛い犬が沢山いましたが、何だかバーゲンの商品のようで可愛そう。その少し脇を入った所にはハードロックカフェが。ロックのお土産ショップもあったりして、このあたりはチョット変わった雰囲気でした。
知人と待ち合わせてから、先ずは食事に「すしざんまい」へ。こちらは明朗会計のせいか、我々の並びのカウンター席には外国人が座っていて、たどたどしい日本語で握りを注文していました。
食事の後はビートルズのコピーバンドが出演している「キャバンクラブ」へ。来客には親父ばかりかと思ったら若い人もいて、結構盛り上がっていました。値段は二人で2杯ずつ飲んで、ちょっとしたつまみを頼んで、演奏を聴いて1万円いかなかったので、ずいぶんと安い感じでした。来月にはタケカワユキヒデさんが出演するそうなので、ちょっと行ってみようか迷ってるところです。
帰り道、角のビルに矢沢永吉さんの写真が。彼が経営しているのかなと思って帰ってネットで調べてみたら、矢沢さんのそっくりさんが出演している「てんぱく」と言うお店でした。
今日、そういえば昔の、”最後の20セント”グループはどうなったのかと思い、ネットで検索したら、マハラジャのWebサイトの”最後の20セント・深海魚チェーン”と言うページが引っかかりました。
そこに”*'76年の「最後の20セント・深海魚チェーン」の所在地”と言うJPGイメージのリンクがあって、深海魚、緑の館、ローズガーデン、などの懐かしい店のあった場所が出ていました。例えば10年おきくらいで、昔のお店の名前が出ている地図が六本木の街角(ネットでも良いですが)にあったら、私のように昔、遊ばせてもらった人が久しぶりに行った時に楽しめると思います。サタデー・ナイト・フィーバーが公開されたのが 1977年で、そのころのディスコへ行けば、”ナイトフィバー・ナイトフィバー!!!”。そんな音楽が聴こえてきました。

最後の20セント・深海魚チェーン(MAHARAJA WEB SITE)
キャバンクラブ(BEATLES LIVE CAVERN CLUB)
ハードロックカフェ
すしざんまい
東京ミッドタウン(Tokyo Midtown)
てんぱく

六本木ミッドタウンペットショップ

ハードロックカフェキャバンクラブ入口

キャバンクラブのアップルレコードのコースターすしざんまい

六本木 てんぱく

昨夜は天王洲アイルの駅から近い、ティー・ワイ・ハーバーブルワリー(TY.harbor brewery )へ行ってきました。水辺の雰囲気と夜景が抜群で、中にはビール醸造所もあり、それがインテリアになっています。運河脇の外の席で気持ち良く、ホタテガイのソテーや鹿肉のステーキを食べて、ビール、食事、雰囲気と楽しめました。
参考:
ティー・ワイ・ハーバーブルワリー

ティー・ワイ・バーバーブルワリーティー・ワイ・ハーバーブルワリー

ブログ村の旅行へ>にほんブログ村 旅行ブログへ


2日目は、ホテルの前から観光バスでナチュラルパークツアーへ。いろは坂、中禅寺湖、立木観音、華厳の滝などを一通り巡ってきました。中禅寺の「立木観音」はその名の通り、その場に生えている立木に彫刻したものだそうで、見事なものでした。ここの五大堂の天井の龍の水墨画「瑞祥龍」は堅山南風画伯は81歳の時に描かれたものだそうです。堅山画伯は東照宮の「鳴龍」の復元もおこなったそうです。
迫力のある素晴らしい作品です。華厳の滝の入り口の湯葉コロッケの売店でホカホカのコロッケを買って食べました。
ツアーの最中に仕事の電話が入り、急遽帰ってきたので、最後はあわただしかったですが、リレッシュできる旅でした。

参考:
(社)日光観光協会オフィシャルサイト
日光東照宮
日光金谷ホテル

紅葉の男体山、中禅寺湖華厳の滝

湯葉コロッケ

ブログ村の旅行へ>にほんブログ村 旅行ブログへ


日本旅行のパックで世界遺産の日光へ行ってきました(1日目)
今回初めて知ったのですが、新宿から東武日光までスペーシアと言う直通列車が出ていて、これはなかなか快適でした。
前日明け方まで仕事をしていたので、ビールを飲んでぐっすり眠ったら、ほどなく東武日光駅に。駅から歩いて、東照宮の入り口の手前にある、日光金谷ホテルでランチ。
このホテルの歴史・伝統はすごく、あの「ヘボン式ローマ字」で有名なジェームス・カーティス・ヘボンや大西洋横断飛行のチャールス・リンドバーグ、吉田茂なども宿泊したホテルです。ホテルの家屋の作りや庭などが見所です。月曜日のお昼と言うのにかなり混んでいました。予約をしておかないと食べられないようです。
昼食を終えてから、東照宮を参拝。定番の「陽明門」、「見さる言わざる聞かざる」、「招き猫」、「奥社宝塔」、「鳴龍」など。
徳川家康公が乗馬された馬が奉納された厩舎にある「見ざる・言わざる・聞かざる」の猿の彫刻は一つではないというのを知りました。
(1)手をかざした母猿が子猿の将来を見ている。
(2)子供のとき (純粋な時)には、悪いことを「見ざる・言わざる・聞かざる」が良い。
と言うふうに猿の一生を描きながら 「人の生き方」 を伝えているそうです。
今回はたまたま、文化庁が修復作業の実演をやっていたので見学させていただきました。透かし彫りを外してから絵を写し取り、着色を剝してから再度着色の作業をする手順になります。職人が丁寧に作業を行っているところが見れるとはラッキーでした。東照宮の帰りに、入口脇から本日の宿泊先の清晃苑へ。

参考:
(社)日光観光協会オフィシャルサイト
日光東照宮
日光金谷ホテル


スペーシア日光金谷ホテル

日光金谷ホテル内部日光金谷ホテル レストランから

ジェームス・カーティス・ヘボンチャールス・リンドバーグ

吉田茂神の橋

陽明門見ざる・言わざる・聞かざる

眠り猫

横浜の浦島丘中学校コミュニティハウスのお祭りに、バードカービング教室の作品が展示されていたので、見に行ってきました。趣味と言ってもベテランの人が多いので、素晴らしい作品が沢山ありました。

バードカービング展の作品画像1

バードカービング展の作品画像2

今日は新橋のヤクルトホールへ「僕のピアノコンチェルト」(原題:VITUS)の試写会へ行ってきました。
天才少年ピアニストの苦悩する成長の過程を描いた作品ですが、主役の天才少年VITUS役の英国の音楽学校在学中のピアニスト、テオ・ゲオルギューの演技、演奏はもちろん素晴らしいですが、祖父役のブルーノ・ガンツの演技も名演技で、ストーリーも素晴らしく、ハッピーエンドで、観た後に本当に良かったと幸せになれる映画でした。
参考:僕のピアノコンチェルト - オフィシャルサイト


僕のピアノコンチェルト(原題:VITUS)
「僕のピアノコンチェルト」オリジナル・サウンドトラック

このページのトップヘ