つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

May 2010

もちチーズもんじゃ


昨日は、会社員時代のテニス部のメンバーと駒場東大前のコートでテニスした帰りに、駅前のお好み焼き屋さんで一杯。

高脂血症で普段は焼き肉などを控えているので、このような時にはついつい沢山食べてしまいます。
最後は定番の もちチーズもんじゃ をいただきました。

環七通りと中原街道の交差点のところにあるオリンピック 長原店は、とにかく安いので、時々買い物に行きますが、今日は2階のペット用品売り場のところにあるレジで、金魚を配っていましたので驚きました。

kingyo

今日、錦織圭選手のfacebookを見たら、カラオケでスマップのShakeを歌っているyoutube映像がリンクされていました。

彼だけでなく、ジョコビッチ、ツォンガなどの有名選手選手がカラオケを歌っています。

やはり一番はエンタティナージョコビッチのシャキーラの真似の女装姿には感動しました。彼は勝利の後にシャラポアやナダルの真似とか得意ですが、ここまでやるとはさすがに素晴らしいエンタティナーです。錦織選手、カラオケでも負けています。
この元となったナダルが出たシャキーラのプロモーションビデオもYoutubeにアップされていました。

全仏はテニス以外でも楽しい事満載のようです。

Novak Djokovic Troicki (Shakira - Gipsy - Parody)
Roland Garros 2010 Tsonga Karaoke
Jukebox - Roland Garros 2010

Gypsy Music Video / Teaser

Djokovic imitates Sharapova and Nadal

錦織圭 facebook

Roland Garros 2010 Nishikori Karaoke

錦織圭 全仏オープン2回戦


全仏オープンテニスでクルム伊達公子選手と錦織圭選手がともに2回戦でストレート負けしてしまい、全仏観戦の楽しみが無くなってしまいました。

伊達選手は怪我の足をひきずりながらの戦いで、世界トップレベルの戦いを行うには無理がある状況のようでした。年齢からくる、身体の回復の遅さを考えると、4大大会を戦い抜くのはかなり難しそうです。一ヶ月後のウィンブルドンに出場する予定ですが、足の回復を祈るばかりです。

錦織選手は1-6,4-6,4-6で後半はかなり良い戦いをしているように見えましたが、そこはATPランク3位のジョコビッチ、ここと言うところでは、精神集中して、厳しいショットを入れてきていました。 5セットマッチの長い試合なので、集中するところと、流すところを考えながらプレーしています。世界トップレベルの選手はこのあたり、さすがに勝ち方が分かっています。ジョコビッチは試合後のインタビューでプレースタイルが錦織に似ている事を認めています。

錦織選手の一つ一つのショットは通用していたのと、サーブのスピードもかなり上がってきていたので、あとはサーブの確率(1stセットで50%)を上げて行けば、トップレベルの選手とも十分に戦えると思います。

全仏オープン公式サイト
男子シングルスドロー
女子シングルスドロー
Interviews  Novak Djokovic

ATP:Novak Djokovic

錦織圭オフィシャルブログ
錦織圭 facebook

伊達公子オフィシャルブログ

クルム伊達公子 全仏オープン 勝利


全仏オープンテニスの女子シングルス1回戦で、クルム伊達公子選手がWTAランク9位のディナラ・サフィナ(Dinara Safina)に3−6、6−4、7−5で逆転勝ちしました。現役復帰後初となる4大大会白星です。試合後のネットをはさんだ握手のシーンを見て、182cmの大きなトップ10の選手相手から良くも勝利を上げたものだと感心しました。

昨夜はWOWOWで試合観戦しましたが、スコアからも分かるように、出だしは相手のペースで、やはり世界トップ10にはかなわないのかと思いました。しかし、サフィナは伊達さんのリターンを警戒してなのか、ダブルファーストのような感じで、セカンドサーブも強く打ってきて、その影響で大量のダブルフォールトをしていました。伊達さんが甘いサーブを強く叩き返していたので、そのプレッシャーが利いてきたのだと思います。

最終セットに右ふくらはぎを引きづり、動きが悪くなったので、万事休すかと思いましたが、最後は精神力で打ち負かしました。伝説のフェドカップのグラフ戦でもそうでしたが、伊達さんは足を痛めている方が強いようです。テンションが上がって、プレーが研ぎ澄まされるのでしょうか。

NHKのスポーツ大陸の「女王を倒したライジングショット」で、伊達選手がグラフに勝つために、ライジングのダウンザラインを繰り返し練習して完成して行った経緯が、解説されていました。 その積み重ねが今に生きているのだと思います。
若い選手にも伊達選手のような、ここと言う時に絶対に自分の自信の持てるショットを磨いてほしいものです。

プレー後のコートでのインタビューや着替えてからのWOWOWでのインタビューなど、あの伊達スマイルが輝いていました。これからも無理せずに、一日も長くプレーを続けてほしいと思います。
全仏オープンの公式サイトに、伊達さんへのインタビューが掲載されていました。復帰した理由などを聞かれています。

今回の全仏オープンで一番ランキングの高い選手と当たった、伊達選手が勝ちあがり、一番低い選手(71位)と当たった森田選手が負けてしまいました。
森田選手は試合後のインタビューで、「一勝したいという気持ちが強すぎて普段のプレーが出来なかった。。」と言うような事を言っていましたが、テニスの大きな大会で勝利することへの、メンタル面の重要さが分かります。
スケートの高橋大輔選手が”ガラスの心臓”と言われたのを、怪我を克服したことで、克服していったようですが、森田選手も精神面の強化が重要課題かと思います。

今回、本戦初出場の奈良くるみ選手と土居美咲選手が初戦敗退でしたが、これから戦う相手のレベルは今回のような相手になると思います。長身の外国人を想定した男子選手との練習など、勝てる戦術に立った、準備が必要と思います。

伊達さん2回戦ではWTAランク107位オーストラリアのジャーミラ・グロート(Jarmila Groth)と対戦します。ランキング的には勝てる相手ですが、足を痛めているので油断はできません。

全仏オープン公式サイト
インタビュー 全仏オープン公式サイト
女子シングルスドロー

WTA:Forever Young: Kimiko Stuns Safina
WTA:Jarmila Groth

伊達公子オフィシャルブログ
森田あゆみオフィシャルブログ

クルム伊達公子 全仏オープン 勝利

クルム伊達公子 全仏オープン 勝利

クルム伊達公子 全仏オープン 勝利



錦織圭 全仏オープン初戦勝利


錦織圭選手が全仏オープン初戦で、ATPランク58位のサンティアゴ・ヒラルド(Santiago Giraldo)選手に2-6、4-6、7-6、6-2、6-4で逆転勝ちしました。

昨夜はWOWOWで長時間の試合を観戦しましたが、スコアからも分かるように、出だしは相手のペースで、センターへの強いフラットサーブをバシバシ決められていて、かないそうにありませんでしたが徐々に調子を上げて行き、3セット目をタイブレークで制してからは、錦織ペースに。

セカンドサーブを高い打点でジャックナイフで叩いて一発で決めたり、意表をついたネットプレー、相手が全く動けないドロップショットなどバリエーションに富んだプレーには魅了されます。
試合後のインタビューでの日に焼けた笑顔が輝いていました。2回戦ではいよいよATPランク3位のノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)と対戦します。今のレベルで世界のトップ選手に対してどこまで通用するのか、今からワクワクしてしまいます。

昨日は、女子の初出場の奈良くるみ選手と土居美咲選手が出場しましたが、残念ながら敗退してしまいましたが、共に10代ですので、これからが楽しみです。

今日は伊達選手と森田選手が出場します。
伊達選手はランク9位のディナラ・サフィナ(Dinara Safina)と対戦するので、スザンヌ・ランランコート(Court Suzanne Lenglen)での対戦となります。足にけがを抱えているので、完全ではないようですが、どのようなプレーを見せてくれるのか、今から楽しみです。

全仏オープン公式サイト
男子シングルスドロー
女子シングルスドロー

ATP:Novak Djokovic

錦織圭オフィシャルブログ
錦織圭 facebook

伊達公子オフィシャルブログ
森田あゆみオフィシャルブログ
土居美咲オフィシャルブログ

このページのトップヘ