つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

November 2010

ブログ村の新作映画・試写会へ>にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ

六本木ヒルズでトム・クルーズとキャメロン・ディアス共演の映画「ナイト&デイ」を観てきました。

最近はCGを多用した映画が多い中、典型的なハリウッド娯楽アクション映画です。
ストーリーもカッコ良いスパイ(トム・クルーズ)に美女(キャメロン・ディアス)の出会いと言う良くあるパターンで、アクションに、コミカルなシーンがあり、すごく楽しめた映画でした。

映画『ナイト&デイ』公式サイト
映画 ナイト&デイ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

知人が雑司が谷の鬼子母神で開催された手創り市に出展していたので見に行ってきました。

目白から学習院の横を通って鬼子母神見へ。
懐かしい都電が沢山の乗客を乗せて走って来ました。

手創り市には沢山のお店がありました。自然酵母のパンのお店はお昼前なのに売り切れでした。売り切れているとなると少しばかり残念でした。

境内の大銀杏はホームページによると樹齢約700年と言うことです。あまりの迫力に驚かされます。

手創り市を見た後は椿山荘に寄って、カレーにビールでランチをしてから庭園を散歩。ここが東京かと信じられないような広くて、水と広葉樹に囲まれた見事な庭園です。
庭園の下の方の冠木門(かぶきもん)を出ると神田川が流れています。ここから地下鉄の江戸川橋まで歩いて今日の散歩は終了。

手創り市 鬼子母神・大鳥神社
鬼子母神
椿山荘

学習院


都電


鬼子母神


手創り市 鬼子母神


鬼子母神 大銀杏


椿山荘 カレー


椿山荘 庭園


椿山荘 門

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

昨日は、友人が大阪から出て来たので、品川の「天ぷら つな八」で食事をしました。

友人は来春に定年なので、定年後の何をやろうか思案中だそうです。
サラリーマンの場合には定年で今までの会社依存の状況が一変しますが、周りの先輩を見ていると、仕事をするにしても、趣味をやるにしても皆さん楽しくやっているようです。結局は現状を受け入れて、その時に出来る範囲の事をするしかありません。あまりあれこれ心配する事ではない様に思います。

品川の「天ぷら つな八」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

昨日は例年行っている、目黒の大鳥神社の酉の市へ行ってきました。
今年は二の酉までしかないので、昨日で終わりでした。

熊手を毎年大きいものにして行くのが習わしのようですが、我が家では毎年小さなものを購入しています。

大鳥神社のホームページ酉の市

酉の市


熊手

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

先週、明治神宮の御苑の中にある湧水の井戸「清正井」へ行ってきました。

若い人の間でパワースポットとかで話題になっているようで、ウイークデーにもかかわらず、開苑(10:00)から30分ほどして行ったのに、既に列が出来ていて、30分ほど待たされました。祭日には相当長い列が出来ると思います。

本当にパワースがあるのか分かりませんりませんが、都会の真ん中で自然に勢い良く湧き続ける水がすごく不思議に思われます。真夏でもきっと涼しいと思います。紅葉が始まっていました。

加藤清正が自ら掘ったとされている井戸だそうですが、明治神宮のサイトを見ると、本当に加藤清正が作ったかどうかは定かではないようです。

帰りには本殿へ行って祈願。本殿脇には色々な願いを書いた絵馬が沢山ありましたが、外国語が多いのに驚きました。
英語かと思ってみると、ドイツ語やフランス語であったり、色々な国の人が書いて行っています。特に韓国語のものが多く、このあたりにも最近の韓国の発展ぶりがうかがえます。

明治神宮 清正井

明治神宮 清正井

明治神宮 清正井の説明


明治神宮 御苑 紅葉

明治神宮

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

今回の柳田法相の耐えがたくひどい発言「法務大臣はいい。2つだけ覚えておけばいい。。。。」について、菅首相が法相辞任の必要はないとの認識示したそうです。

J-CASTテレビウォッチ(柳田スチャラカ法相―大臣なったことが永田町七不思議)によると柳田法相はもともと大臣になる程の人物でなかったようです。”スチャラカ法相”とネーミングされたようで、Googleで”スチャラカ法相”と検索すると沢山のサイトが見つかります。

菅さんは、野党時代だったら大騒ぎしたでしょうが、典型的な「他人に厳しく自分に甘い」タイプのようです。Googleで”他人に厳しく自分に甘い 菅首相”と検索したら9,000件ほど出てきました。そう思っている人が沢山いるようです。

事業仕訳についても、仕分けたものを、自分の党の閣僚が復活させたり、決定権の無いパフォーマンスだけだったことが分かってしまいました。

このような事にマスコミも自民党時代だったら、もっと大きく批判したでしょうが、民主党に対しては甘いようです。

しかし、不適切発言とか不信任とか内向きの議論ばかりやっていて、将来展望のある議論がされないで、世界から取り残されて行ってしまうのではないかと心配です。

柳田法相の国会答弁軽視発言 菅首相、法相辞任の必要はないとの認識示す

Wikipedia:柳田 稔
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ