つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

February 2011

菅首相が「6月に取りまとめる社会保障と税の一体改革案に併せ、国会議員の定数と歳費削減に関する具体案も示す意向を明らかにした」ようです(Asahi.com:議員削減案、6月までに=「一体改革」へ環境整備−菅首相)が、週刊誌などによるともう退陣が近いと言うころになって、このような事を言い出すのは選挙目当てのようで納得できません。

2009年のマニフェスト(民主党 web-site 民主党の政権政策Manifesto2009)が未だに民主党のホームページに掲載されていますが、
●「国会議員の定数を削減する」
●「地方分権推進に伴う地方移管、国家公務員の手当・退職金などの水準、定員の見直しなどにより、国家公務員の総人件費を2割削減する。」

などと書かれています。

自民党もマニフェスト(自民党:政策パンフレット)の「自民党政策集 J−ファイル2010 マニフェスト」に「国会議員定数の大幅削減」と書いているので、政権を取った後に直ぐに動いていれば、自民党も反対できないのでとっくに実現できていたのではないでしょうか。

自民党も長年無駄な道路、線路、飛行場、港湾などのバラマキ優先で、自分の身を削ることはやってこなかったので、こちらもやる気があるとは思えません。お互い裏では出来レースなのでしょう。

「j-cast.com:菅首相「2万6000円にびっくり」 子ども手当議論振り返り答弁」とのニュースもありますが、マニフェストの中身は選挙の広告宣伝として考えていることで、実現性などは検討されていないと言うことです。

名古屋市長選挙で市議報酬の半減を訴えた、河村たかし氏が圧勝したので、これから選挙対策で受けを狙った発言が益々飛び出してくるでしょう。
あまりにも国民をばかにした話だと思います。

財政破綻を回避するには、経費を減らすか、収入を増やすしかないのは分かり切った事なのに、何も手を打たずに借金ばかり増やすのは、経団連会長が言うように給料泥棒(「国会議員は給料泥棒」経団連会長が異例の批判
)ではないでしょうか。

ATPテニスツアーのデルレイビーチ国際選手権の準決勝で錦織圭がATPランク52位のヤンコ・ティプサレビッチ(Janko Tipsarevic)に4-6,4-6のストレートで敗れました。

ティプサレビッチには1月にインドのチェンナイでの試合で負けている相手ですが、その時と同じスコアで負けてしまいました。

1セット目も2セット目も1回サービスをブレークされ、相手のサーブは全てキープされてしまいました。
ファーストサーブはそれほど悪くなかったようですが、セカンドサーブの勝率が25%とかなり低かったので、セカンドをたたかれてしまったのでしょう。

それに対して相手のセカンドサーブの勝率は70%ですから、セカンドサーブを攻めきることが出来なかったようです。

180cmの似たようなタイプの選手で、やりにくいのかもしれません。これで2連敗で苦手意識が出来ないと良いのですが。

今回は90ポイントを獲得できたので来週にはランキングが62位くらいに入ってくると思います。
松岡修造の最高ランク46位を超える日が大分近づいてきました。

デルレイビーチ国際選手権 公式サイト

ATPテニスツアーのデルレイビーチ国際選手権の準々決勝で錦織圭がATPランク118位で196cmの長身選手のライアン・スウィーティング(Ryan Sweeting)に6-7,6,-2,6-4の逆転で勝ち、準決勝に進出しました。

2時間10分の接戦でしたが、錦織は一度もサービスをブレークされていないのと、ファーストサーブでの勝率が78%でしたので、かなり良いサーブが入っていたと思われます。

準決勝ではランキング52位のヤンコ・ティプサレビッチ(Janko Tipsarevic)でかなりの強敵となります。

ティプサレビッチには1月にインドのチェンナイでの試合で4-6,4-6で負けている相手です。その時の試合後の感想が錦織選手の公式ブログにアップされています(公式ブログ 2011.1.8)が、今度はきっとリベンジをしてくれると思います。
Youtubeにその時の対戦の動画がアップされていました。K.Nishikori vs J .Tipsarevic CHENNAI OPEN 3回戦

何とか打ち破って2008年の再現を期待しています。

準決勝は現地時間の26日のNot Before 2:00 PMとなっているので、日本時間だと明日の朝4時以降になると思われます。

デルレイビーチ国際選手権 公式サイト


ATPテニスツアーのデルレイビーチ国際選手権の2回戦で錦織圭がATPランク144位のジェームズ・ブレーク(James Blake)に6-3, 6-4で勝ち、ベスト8に進出しました。

ブレークは錦織圭が2008年に優勝したときの決勝の対戦相手という因縁の対戦でしたが、今回も錦織が勝利しました。

ファーストセットの1ゲーム目の錦織のサーブでいきなりファーストが全部入って、ラブゲームで取った流れから、終始危なげない展開でサービスを一度もブレークされることなく2セットストレートで勝利しました。

リードしていても途中で手を抜くわけでもないと思いますが、失速する事が多い錦織ですが、今回はそのような事が無い順調な展開でした。

大会の公式サイトにNishikori beats Blake in rematch of 2008 ITC final.との記事が掲載されていました。ブレイクも怪我から復帰してきたようです。

準々決勝ではランキング118位で196cmの長身選手のライアン・スウィーティング(Ryan Sweeting)と対戦します。
ランキングは低いですが、第3シードでランキング22位のサム・クエリー(Sam Querrey)を破っているので侮れません。
準決勝までは1日の休みがあるようですので、疲れを回復して一気に2008年の優勝の再現を行って欲しいと期待しています。

今大会には手首の怪我から復帰してきた元ランキング4位のフアン・マルティン・デル=ポトロ(Juan Martin Del Potro)が出場しているので、決勝は是非この二人のカードになって欲しいと思います。

デルレイビーチ国際選手権 公式サイト

ATPテニスツアーのデルレイビーチ国際選手権の公式サイトによると、錦織圭の2回戦がATPランク144位のジェームズ・ブレーク(James Blake)と、現地時間の23日のNotbefore 7:15PMに行われる予定です。

アメリカ東海岸との時差を加えると、日本時間では明日の朝の9時過ぎになるかと思います。

ブレークは錦織圭が2008年に優勝したときの決勝の対戦相手という因縁があります。

2006年にはATPランク4位まで上げたことのあるブレークも既に31歳で最近は徐々にランキングを落としてきて現在は144位。普通に戦えば錦織が勝つと思われますが、第7シードの選手を破って2回戦に進んできているので、決して安心は出来ません。

デルレイビーチ国際選手権 公式サイト

今日は仕事で池袋から東武東上線の上板橋に。

駅を出てから、線路に沿った道を歩いているとサボテンが線路側に飛び出して生えているのを見つけました。
寒い冬でも枯れずに生えているのには驚きました。日本の気候に慣れてしまったのでしょうか。

線路にサボテン


このページのトップヘ