つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

November 2014

ブログ村 美術へ>にほんブログ村 美術ブログへ

11月24日まで太田記念美術館で開催されていた特別展 「没後150年記念 歌川国貞」へ行ってきました。

歌川国貞は数万点の作品を残していて、江戸時代には人気の浮世絵師でしたが、現代では広重などと比べると余りポピュラーな浮世絵師ではありません。今年は国貞の没後150年、このような展覧会をきっかけにして、国貞が注目されるようになるかも知れません。

図録を購入しましたが、表紙の五右衛門は洋麺屋 五右衛門の看板にも使われているので、記憶に残っている人も多いと思います。
江戸時代には歌舞伎スターの浮世絵が人気だったでしょうが、私は歌舞伎に詳しくないので、「星の霜当世風俗」のシリーズのような、美人画が好みです。

太田記念美術館 特別展 「没後150年記念 歌川国貞」


太田記念美術館 特別展 「没後150年記念 歌川国貞」図録

特別展 「没後150年記念 歌川国貞」「星の霜当世風俗」

特別展 「没後150年記念 歌川国貞」「星の霜当世風俗」


歌川国貞 - Wikipedia


今年も例年通りに目黒の大鳥神社の酉の市(大鳥神社ホームページ 酉の市)へ行って、熊手を買ってきました。
今年は2の酉の(11月22日)にいってきました。

熊手は毎年、大きくして行くのが慣わしのようですが、お金がもったいないので、我が家ではずっと同じくらいの大きさのものにしています。

Wikipedia(酉の市 - Wikipediaja)によると、「日本では、幸運や金運を「かき集める」という意味を込めて、商売繁盛の縁起物として熊手を飾る事がある。」とあります。
そのおかげか、ビジネスは地道に長続きしています。来年も地道な商売をお願いしたいものです。
目黒の大鳥神社の2の酉


人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

錦織選手の活躍のお陰でテニス人気が急上昇、錦織さんの顔が連日テレビに出ています。
しかし、ロンドンで行われたATPツアーファイナルのようなトップレベルの試合は注目されますが、先週、慶応の日吉キャンパスで行われた慶応チャレンジャーや今週豊田で行われている、ダンロップスリクソン ワールドチャレンジ テニストーナメントのような下位のトーナメントが行われていることは、テニスを趣味にしている人でもほとんど知らないのが現状だと思います。

ダンロップスリクソン ワールドチャレンジ テニストーナメントには、錦織圭や 奈良くるみのようなトップ選手は出場していませんが、添田豪、伊藤竜馬、土居美咲、クルム伊達公子などのトップ100近くの選手が出場しています。海外からも多数の選手が参戦しています。

また、男子の若手選手では、錦織と同じく盛田ファンドでのアメリカのIMGアカデミー留学の西岡良仁、
女子の若手では、アメリカ育ちで日本初デビュー戦の日比万葉などの注目選手が出場しています。
将来の錦織や伊達に続く選手が出てくる可能性もある、楽しみな大会です。

試合の方はインドアなので天候に左右されること無く予定通り行われ、既に男女共に2回戦が終了しベスト8が確定しました。準々決勝まで勝ち進んだことで、伊藤竜馬とクルム伊達公子は来週のランキングでは100位以内に入ってくると思われます。

明日の注目カードはクルム伊達公子 対 18歳の日比万葉の試合です。極端に早い室内コートなので、伊達のライジングショットに日比が苦戦することが予想されますが、伊達も3戦目で疲れが出てくることも考えられます。日比が勝って大きな飛躍のステップにしてくれることを期待します。

男子の準々決勝の組み合わせとランキングは、
103位 伊藤竜馬(Tatsuma Ito) 対 689位 小ノ澤 新(Arata Onozawa)

231位 ティ・チェン((Ti Chen) 対 265位 内山靖崇(Yasutaka Uchiyama)

127位 杉田祐一(Yuichi Sugita) 対 157位 西岡良仁(Yoshihito Nishioka)

117位  添田豪(Go Soeda) 対 131位 ジェームズ・ダックワース(James Duckworth)


女子の準々決勝の組み合わせとランキングは、
97位 ラクシカ・クムクーム(Luksika Kumkhum) 対 300位 タマリン・タナスガーン(Tamarine Tanasugarn)、

122位 土居美咲(Misaki Doi) 対 230位 青山修子(Shuko Aoyama)

123位 アンソフィー・メスタク(An-Sophie Mestach ) 対 207位 今西美晴(Miharu Imanishi)

101位 クルム伊達公子(Kimiko Date-Krumm ) 対 264位 日比万葉(Mayo Hibi)

美術ブログランキングへ>にほんブログ村 美術ブログへ

今年から4年ぶりにバードカービング作りを再開し、最初の作品として魚をくわえたカワセミを作成しました。
ユネスコの展覧会への出品に間に合わすために、少々雑な作りとなってしまいました。
また、仕上げに艶出し塗料を塗ったらテカテカになりすぎました。色々と反省点があるので、もう一羽作成を予定しています。

魚をくわえたカワセミ バードカービング

バードカービングの作品

美術ブログランキングへ>にほんブログ村 美術ブログへ

今日から目黒区美術館の地下にある区民ギャラリーで目黒ユネスコ協会主催の「ユネスコ美術展」が始まりました。
24日月曜日までの予定です。

私もバードカービング作りを今年から再開したので、昨日作品を搬入にさせていただきました。
絵画、写真、陶芸作品など沢山の作家さんの作品が搬入されていましたが、プロの方や指導者をなさっている方も多く、どの作品も素晴らしいものばかりでした。

目黒ユネスコ協会公式サイト

「ユネスコ美術展」目黒ユネスコ協会

「ユネスコ美術展」目黒ユネスコ協会

「ユネスコ美術展」目黒ユネスコ協会

「ユネスコ美術展」目黒ユネスコ協会

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

土日で慶応大学の日吉キャンパスで行われていた 慶應チャレンジャー国際テニストーナメント 2014の準決勝、決勝を観戦に行ってきました。
コートサイドに設置された臨時の観戦席で、迫力のあるプレーを間近で楽しむことが出来ました。
選手が観客席の直ぐ近くを通って気軽にサインにも応じてくれるのでテニスファンにはオススメの大会です。
慶應チャレンジャー国際テニストーナメント 2014準決勝


土曜日の準決勝戦。
ATPランキング116位で第2シードの添田豪(Go Soeda)が 230位のキール・エドモンドKyle Edmundに6-2、1-6、3-6の逆転で敗れました。
ブレーク合戦となった第一セットはきわどい所で添田が取りましたが、2セット以降は失速してしまいました。
エドモンドはランキングは下ですが19歳の伸び盛り。今年初めの300位台のランキングから順調に上げてきている選手ですので侮れないと思っていましたが、やはり厳しい結果となってしまいました。
慶應チャレンジャー国際テニストーナメント 2014準決勝

慶應チャレンジャー国際テニストーナメント 2014準決勝

慶應チャレンジャー国際テニストーナメント 2014準決勝

慶應チャレンジャー国際テニストーナメント 2014準決勝



もう一つの準決勝は、195位のジョン・ミルマン(John Millman)が180位で第8シードのチャン・ヒョン(Hyeon Chung)に6-3、6-4のストレートで勝ちました。


日曜日の決勝戦。
ATPランキング195位のジョン・ミルマン(John Millman)が 230位のキール・エドモンドKyle Edmundに6-4、6-4のストレートで勝ちました。
19歳のエドモンドは強烈なショットを決めていましたが、長身のためか低いボールでネットするケースが多く見られました。しっかり腰を下げて低いボールの処理が向上したらランキングを更にアップして来ると思われます。
イギリスはマレー以外にランキング100位以内の選手がいない状況ですので、イギリスでもこれからの活躍が期待されていることと思われます。

優勝したミルマンは159位くらいに、準優勝のエドモンドは191位くらいにランキングアップして来ると思われます。
慶應チャレンジャー国際テニストーナメント 2014 決勝

慶應チャレンジャー国際テニストーナメント 2014 決勝


慶応大学のテニス部の学生さんによる運営で、フレッシュな雰囲気の大会で、楽しく観戦させていただきました。
慶應チャレンジャー国際テニストーナメント 2014 決勝


今週は豊田でATPチャレンジャーツアー ダンロップスリクソン ワールドチャレンジ テニストーナメントが開催されます。慶応と同様に伊藤と添田が第1、2シードとなっています。その他にも沢山の日本人選手が出場しています。今週こそは日本人選手に決勝に進出してくれることを期待します。

添田豪 公式ブログ,Facebook
伊藤竜馬公式ブログ

このページのトップヘ