つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

November 2014

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

ロンドンで行われているATPワールドツアー・ファイナルの準決勝で錦織圭がジョコビッチに敗けました。

ATPランキング5位の錦織圭(Kei Nishikori)が1位のノヴァーク・ジョコビッチ(Novak Djokovic) に1-6、6-3、0-6のフルセットで敗れました。

第1セット、錦織はサーブが甘く、2セットブレークされて1-6で落としました。

第2セットに入ると錦織のサーブやストローク、サービスリターンも向上し、2ゲームブレークして6-3で取りました。

第3セットの最初のジョコビッチのサービスゲーム。第二セット後半からの好調なストロークで攻め、40-15と2度のブレークのチャンスがありましたが、決めに行ったボールがネットしてしまい取りきれませんでした。これを潮目に錦織にミスが目立ち始め、ストロークミスやダブルフォルトで自滅の形で0-6で落としてしまいました。

さすがに世界No1のジョコビッチのディフェンスを打ち破ることは容易ではありませんでした。

もう一つの準決勝戦でもワウリンカがフェデラーに対してマッチポイントを握りましたが勝ち切ることができませんでした。さすがにトップ3選手は土壇場での強さが違います。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

ロンドンではトップ8選手によるATPワールドツアー・ファイナルが行われていますが、慶応大学の日吉キャンパスでは下位のATPチャレンジャーツアー 慶應チャレンジャー国際テニストーナメント 2014が行われています。
賞金はロンドンの百分の一以下のトーナメントですが、このトーナメントの中から明日のATPツアーレベルの選手が出てくるかもしれません。観戦料金は無料ですのでテニスファンの方にはオススメです。
駅前の銀杏並木が色づき始めていました。
慶應チャレンジャー国際テニストーナメント 2014 銀杏並木


昨日は、昨年の全日本選手権で準優勝、アジア大会で優勝した19歳の西岡と第2シードの添田との対戦カードがあったので、慶応まで観戦に出かけました。

ATPランキング116位で第2シードの添田豪(Go Soeda)が 164位で第7シードの西岡良仁(Yoshihito Nishioka)に6-2、6-2のストレートで勝ちました。
西岡はサーブにスピードが全く無く、ファーストサーブインの確率が54%で、ポイント率が45%。全く相手にならない状況でした。

西岡には錦織と同じ盛田ファンドでIMGアカデミーへの留学と最近の活躍から期待していたのですが、添田の一方的な展開で、がっかりさせられた試合となってしまいました。どこか体の具合が悪いのかもしれません。

慶應チャレンジャー国際テニストーナメント 2014 添田豪

慶應チャレンジャー国際テニストーナメント 2014 西岡良仁


伊藤竜馬の試合は前の試合が長引いた影響で開始が遅く、観戦できませんでしたが残念ながら敗退しました。
ATPランキング103位で第1シードの伊藤竜馬(Tatsuma Ito)が 180位で第8シードのチャン・ヒョン(Hyeon Chung)に4-6、2-6のストレートで敗れました。
チャン・ヒョンはランキングは下ですが、ランキングを今年初めの500位台から一気に上昇させて来ている伸び盛りの18歳。トップ100入りも近いかもしれません。
伊藤には今回優勝してトップ100入りを期待していたのですが、残念な結果になってしまいました。

今日は準決勝戦が行われ、添田が230位のキール・エドモンドKyle Edmundと対戦します。エドモンドもランキングは下ですが、19歳の伸び盛り。今年初めの300位台のランキングから順調に上げてきています。
決して侮れない相手ですが、勝ち抜いて明日の決勝に進むことを期待しています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

ロンドンで行われているATPワールドツアー・ファイナルの予選3戦目で錦織圭がフェレールに勝ちました。
フェデラーがマレーに勝ち、準決勝へ進むことが決まりました。

本来はミロ・ラオニチ(Milos Raonic)との対戦の予定でしたが負傷で急遽フェレールに交代しました。

ATPランキング5位の錦織圭(Kei Nishikori)が10位のダビッド・フェレール(David Ferrer) に4-6、6-4、6-1のフルセットで勝ちました。

第1セットは、錦織のサーブは2戦目よりもましでしたが、ダブルフォルトも多く、ほぼ互角のストローク戦。
錦織はフェレールのサービスゲームを1度ブレークしましたが、2ゲームブレークバックされ4-6で落としてしまいました。

第2セットに入ると錦織のファーストサーブが向上し安定してキープできると、ブレークチャンスを一度も与えずに、フェレールのサービスゲームを一度ブレークして6-4。

第3セットになると一方的な展開となり、フェレールのサービスゲームを3度ブレークして6-1で取りました。
今年は4回目の対戦となりましたがこれで4連勝。全てがフルセットでの勝利となりました。
粘り強いストロークが持ち味のフェレールも既に32歳。フルセットになると疲れが見えてきます。
逆に錦織はフィジカルトレーニングの成果か、非常にスタミナが付いてきました。

準決勝では多分、Aチーム一位通過のノヴァーク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)と戦うことが濃厚と思われます。

過去の対戦成績は2勝2敗の五分五分。今年は全米オープンで錦織が勝っていますが、パリマスターズではジョコビッチが勝っています。
ATP Head To Head:Kei Nishikori vs Novak Djokovic
予選の戦いぶりを見るとジョコビッチはかなり好調です。フェレール戦で調子を上げてきた錦織との最高レベルの戦いになると思われます。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

ロンドンで行われているATPワールドツアー・ファイナルの予選2戦目で錦織圭がフェデラーに敗れました。

ATPランキング5位の錦織圭(Kei Nishikori)が2位のロジャー・フェデラー(Roger Federer) に3-6、2-6のストレートで敗れ、1勝1敗となりました。

錦織はマレー戦と同様にサーブに苦しみました。
右手首にテーピングをしてプレーしていましたので、完全な状態でないようです。
第一セットはブレークチャンスが何度かありましたが、フェデラーの強力なサーブとネットプレーで逃れられてしまいました。
第2セットはフェデラーに一方的に押される展開となってしまいました。

ファーストサーブインの確率も低くスピードも無く、コースも甘い状況でした。この状況でフェデラー相手に勝つのは難しいと思われます。

今日行われる第3戦はミロ・ラオニチ(Milos Raonic)との対戦となります。過去の対戦成績は4勝1敗。今回のサーフェスはハードコートでも比較的球速が遅いサーフェスなので、錦織が勝つ可能性が高いと思われますが、痛めている手首が心配です。1日の休養でどこまで回復しているかがキーになると思われます。
ATP Head-To-Head:Kei Nishikori vs Milos Raonic

昨日までの戦いぶりを見ていると、Bチーム1位通過はフェデラー、Aチームはジョコビッチが濃厚と思われます。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

昨日からロンドンで始まったATPワールドツアー・ファイナルの予選の初戦で錦織がマレーに勝ちました。

ATPランキング5位の錦織圭(Kei Nishikori)が6位のアンディ・マレー(Andy Murray)に6-4、6-4のストレートで勝利。

錦織のサービスゲームで始まった第1セット。
錦織はファーストサーブがほとんど入らない状況でサービスキープに苦しむ展開で、2-2からの錦織のサービスゲームを先にブレークされてしまいます。しかし直ぐにブレークバックして追いつくと、5-4からのマレーのサービスゲームをブレークし、6-4で取りました。

錦織のサービスゲームで始まった第2セット。
錦織はファーストサーブインの確率が向上し、スタートから一気に3-0に。
このまますんなり勝てると思われた展開でしたが、ボレーミスなどが重なり、追いつかれてしまいます。
マレーの調子が上がってきましたが、5-4からのマレーのサービスゲームをギアアップした錦織がブレークし、6-4で取りました。勝負どころでの戦い方に素晴らしいものがありました。
過去の対戦成績が3連敗中だったので、かなり厳しい戦いになると思われましたが、思った以上の実力差を感じさせる試合でした。


次はフェデラー(Roger Federer) と対戦します。
フェデラーとの過去の対戦成績は2勝2敗の互角です。
ファーストサーブがしっかり入れば、今の錦織の調子なら勝つ可能性は高いと思われます。
ATP Head-To-Head:Kei Nishikori vs Roger Federer

第3戦はミロ・ラオニチ(Milos Raonic)との対戦となります。過去の対戦成績は4勝1敗。が、今回のサーフェスはハードコートでも比較的球速が遅いサーフェスなので、錦織が勝つ可能性が高いと思われます。
ATP Head-To-Head:Kei Nishikori vs Milos Raonic

マレーに勝ったことで予選1位通過の可能性が高くなってきました。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>ブログランキング・にほんブログ村へ

銀座に行ったついでに、山形県のアンテナショップ おいしい山形プラザへ寄り、美十穀とラフランスを買って帰りました。土曜日だからか大勢のお客様でにぎわっていました。

ラフランスは訳ありとかですごく格安でした。直ぐに食べたら少し硬かったのですが、日を置いたら柔らかく、しっとりしてきて美味しくなりました。

山形県アンテナショップ おいしい山形プラザ
山形県のアンテナショップ おいしい山形プラザ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ