つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

January 2015

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Championships)のシングルス準々決勝、錦織圭はワウリンカに敗れました。

ATPランキング5位で第5シードの錦織圭(Kei Nishikori) が4位で第4シードのスタン・ワウリンカ(Stan Wawrinka)に 3-6、4-6、6-7のストレートで敗退。
試合を通じてワウリンカのサーブと、バックハンドストロークが絶好調で、付け入る隙を与えてもらえませんでした。
いつもの錦織だと、試合中盤からだんだんと相手のファーストサーブのコースを読めるようになってきますが、ワウリンカは上手くコースやスピードを散らして容易に読ませてくれませんでした。

バックハンドクロスの打ち合いで、つなぎのショットをストレートに鋭く決められてしまうパターンが多く見受けられました。
第3セットのタイブレーク6-6からのドロップショットの失敗が悔やまれますが、あの時点で決めるためにドロップショットの選択をしなければならないくらい、ストロークで押されていたと言うことだと思います。

錦織はフランスのリシャール・ガスケにも5連敗中で不得意としていますが、彼もシングルバックハンドでの強烈なストレートが得意です。
次の対戦の時にはマイケル・チャンとともに、きっと周到なシングルバックハンド対策を立てて来てくれると期待しています。


今回のベスト8は昨年の成績を上回り、錦織はATPポイントを加算することが出来ました。
昨年優勝の現在4位のワウリンカは優勝しないと錦織のポイントを上回ることが出来ません。
準決勝から決勝戦の結果によっては錦織がトップ4に入る可能性はまだ残っています。
これからの試合結果が楽しみです。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Championships)のシングルス4回戦、錦織圭はフェレールに勝ち、準々決勝へ進みました。

ATPランキング5位で第5シードの錦織圭(Kei Nishikori) が10位のダビッド・フェレール(David Ferrer)に 6-3、6-3、6-3のストレートで勝利。
フェレールのサービスゲームで始まった第1セット。第2ゲームの錦織のサービスゲームではブレークされそうになりましたが何とかしのぎ、逆に第3ゲームのフェレールのサービスゲームをブレークし、更に第9ゲームもブレークして6-3で取りました。

錦織のサービスゲームで始まった第2セット。第1ゲームの錦織のサービスゲームをいきなりブレークされてしまいますが、直ぐにブレークバック。4-3からの第8ゲームのフェレールのサービスゲームをブレークして6-3で取りました。

フェレールのサービスで始まった第3セットでは第1ゲームをいきなりブレークして、終始危なげない展開で、1ー3回戦と同様に終盤にぐっとギアアップしてしっかり取りきる、トップ選手の戦い方で勝利。

過去のフェレール戦ではもつれる試合展開でしたので、長丁場になると思っていましたが、2時間ほどであっさり片付けてしまいました。錦織はずいぶんと強くなりました。

今回はグランドストロークが振り切れていて、打球音もすごく良かったように感じました。
ただ、サービスインの確率が51%と少し低かったのが気になります。次のワウリンカ戦ではもう少し上げていかないと厳しいと思われます。

今日のロッドレーバーアリーナの3試合目に行われる準々決勝では、ATPランキング4位で第4シードのスタン・ワウリンカ(Stan Wawrinka)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の1勝2敗ですが、昨年の全米オープンでは錦織が勝っています。
今回のコートサーフェスは速いので、サービス力に勝るワウリンカに少しばかり有利かもしれませんが、ほぼ互角の戦いになると思われます。
マイケルチャンが錦織にどのような作戦を授けるのか、ワウリンカ陣営が前回の敗戦を踏まえ、どのような作戦を立ててくるのか、見逃せない一戦です。
ATP Head-To-Head:Kei Nishikori vs Stan Wawrinka

ナダルが準々決勝で敗退したことにより、1位のジョコビッチ、2位のフェデラーに追いつくことは出来ませんが、錦織がナダルを抜いてATPランキング3位に上がる可能性が出てきました。

これから勝ち上がって行けば、シード通りなら準決勝でジョコビッチ、決勝でマレーと戦うことになります。どちらの選手にも昨年一度勝っているので、「勝てない相手ではありません」。十分に優勝を狙えます。
いよいよ錦織のトップスリーへの戦いが始まります。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

美術ブログランキングへ>にほんブログ村 美術ブログへ

27日火曜日から2月1日まで、新宿御苑入り口のアートギャラリーで、バードカービングクラブ木翔舎主催の、「野鳥に親しむ・バードカービング作品展2015」が開催されています。
26日の月曜日に搬入があり、私も魚をくわえたカワセミを出展させていただきました。

大勢のバードカービング作家の素晴らしい作品が展示されていました。バードカービング作品だけでなく、同時に写真も展示されています。

野鳥に親しむ・バードカービング作品展2015 新宿御苑入り口のアートギャラリーで

野鳥に親しむ・バードカービング作品展2015 新宿御苑入り口のアートギャラリーで

野鳥に親しむ・バードカービング作品展2015 新宿御苑入り口のアートギャラリーで


アートギャラリーでは毎週、色々な展示が行われています。
新宿御苑 行事カレンダー

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Championships)のシングルス3回戦、錦織圭は勝ち上がり、ベスト16の戦いは今日行われます。


ATPランキング5位で第5シードの錦織圭(Kei Nishikori) が38位のスティーブ・ジョンソン(Steve Johnson)を 6-7、6-1、6-2、6-3の逆転で下し、4回戦へ進出しました。

2回戦と同様に立ち上がりからパワー全開で向かってきたジョンソンに対して、第一セットはタイブレークに持ち込まれ、ダブルフォルトのミスなどもあり奪われてしまいました。
しかし、第2セットの入りが素晴らしく、ここからペースアップした錦織が自分のペースに持っていきます。
第4セットの後半には全く寄せ付けない一方的な試合展開となっていました。
ジョコビッチやナダルの試合を見ているようで、助走から追いつき一気に抜き去るトッププレーヤーの戦いでした。
途中、ラケットのガットを張り替えていました(57、55と聞こえました)。
前半、ベースラインをオーバーするストロークが目立ちましたが、今のラケットはサーブが早くなりましたが、ストロークでは伸びすぎる傾向があるのかもしれません。

今日はダビッド・フェレールとの4回戦が行われます。
ここで勝てばベスト8。昨年がベスト16なので、ここからはATPポイントが加算されていきます。現在ランキング4位のワウリンカは昨年優勝。今年も優勝しないとポイントは維持できません。
錦織のトップ4入りをかけた戦いがこれから始まります。見逃すことはできません。

ATPランキング10位のダビッド・フェレール(David Ferrer)
過去の対戦成績は錦織の6勝3敗ですが、毎回長い苦しい試合となっています。ベスト8以降のことを考えると3セットストレートで勝ちあがりたいところです。
お互いがどのような作戦で挑んでくるのか、楽しみです。
ATP Head-To-Head:Kei Nishikori vs David Ferrer


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Championships)のシングルス2回戦、錦織圭は勝ち上がり、添田豪は敗退しました。


ATPランキング5位で第5シードの錦織圭(Kei Nishikori) が86位のイワン・ドディグ(Ivan Dodig)。に4-6、7-5、6-2、7-6で勝ちました。
過去の対戦成績が3勝一敗。1回戦よりも苦戦しないのではと思っていましたが、ドディグがパワー全開で向かってきたのに対して、押されてしまう展開となってしまいました。最初はアウトするミスも多く見うけられました。
しかし今の錦織は、このような相手に対して攻撃を受け止め、逆転して行く勝つテニスが出来ます。第4セットのタイブレークでは相手に1ポイントも与えませんでした。立ち上がりに苦しんだだけ、最後に強さを感じる試合展開でした。まさにトッププレーヤーの負けない戦い方と言えます。

今日行われる3回戦の相手はATPランキング38位のスティーブ・ジョンソン(Steve Johnson)
過去の対戦成績は錦織の2勝0敗。過去2度ともストレートで勝っています。同じ1989年12月生まれの25歳。今回もきちっと勝ってくれると思います。
ATP Head-To-Head:Kei Nishikori vs Steve Johnson


ATPランキング92位の添田豪 (Go Soeda) が 33位で31シードのフェルナンド・ベルダスコ(Fernando Verdascoに3-6、2-6、6-7のストレートで負けました。

やはり、このレベルの選手とでは添田のファーストサーブがいつも以上にガンガン入るような調子でなくては勝つのは難しいと思われました。試合を通して甘いアプローチショットでネットに出て行って、パッシングの餌食になるシーンが目立ちました。このレベルの相手には、もう少し厳しいところに打って出ていかないと、ネットで決めるのは困難です。ランキングも上がってきて、このレベルの選手との対戦が増えれば、戦い方も変わってくるかもしれません。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
添田豪 公式ブログ,Facebook

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

銀座 ジーキューブの日本料理「柿安」で、陶芸仲間でランチ宴会を行いました。
私はしゃぶしゃぶの柿安御膳をいただきました。
上のほうが大きい変わった三段のお重の懐石料理にすき焼きかしゃぶしゃぶがついて3,800円のセットでした。

個室の落ち着いた部屋で、美味しいお料理に満足でしたが、後に仕事が入っていたので、ワインを飲めなかったのが少々残念でした。

銀座 ジーキューブの日本料理「柿安」

銀座 ジーキューブの日本料理「柿安」

銀座 ジーキューブの日本料理「柿安」

このページのトップヘ