つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

April 2015

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

岐阜で行われている女子テニスの下部のITFのツアー カンガルーカップ国際女子オープンのシングルス2回戦で、今西美晴(Miharu Imanishi 213位)、大坂なおみ(Naomi Osaka 227位)、日比万葉(Hibi Mayo 262位)、が準々決勝へ勝ち上がりました。

この大会は下位レベルの大会ですが、故障明けの森田あゆみ(Ayumi Morita 465位)、故障を抱えていて万全で無いクルム伊達公子(Kimiko Date-Krumm 148位)など、実力的にはトップ100の日本人選手が出場しているとともに、アメリカ育ちの10代の注目選手 17歳の大坂なおみ、19歳の日比万葉が出場していることで豪華な大会となりました。

注目の大坂なおみは一回戦でいきなり、WTAランキング96位で第2シードのワン・チャン(Qiang Wang)を敗り、その勢いで2回戦も勝ち上がりました。どちらもフルセットの厳しい戦いを勝ちきりました。

日比万葉は1回戦でクルム伊達公子、2回戦で158位の穂積絵莉(Eri Hozumi)にストレートで勝っています。

今西美晴は22歳ですが2年前にプロになって順調にランキングアップしてきています。

森田あゆみは1回戦は勝ち上がりましたが、2回戦で125位で第4シードのインイン・デュアン(Ying-Ying Duan)に敗退しました。まだ本調子には戻っていないようです。

準々決勝では森田に勝ったインイン・デュアンと日比万葉が対戦します。
大坂なおみは今西美晴との日本人対決となります。
これからが楽しみです。

森田あゆみオフィシャルブログ
Naomi Osaka 大坂 なおみ | Facebook
今西美晴 オフィシャルサイト ブログ

岐阜 カンガルーカップ

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

スペインのバルセロナで開催中の、男子テニスツアーのバルセロナ・オープンのシングルスで錦織圭が優勝しました。昨年に続く2連覇を達成しました。

ATPランキング5位で第1シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 66位のパブロ・アンドゥハル(Pablo Andujar) に6-4、6-4で勝利。

錦織は連戦の疲れか、足に少し問題がある為なのか、最初からパワー全開で打ち込んでくるアンドゥハルに、1、2セットともに先にサービスゲームをブレークされる苦しい展開でした。
準決勝までと異なり、浅いストロークが多く、決めに行ったショットがオーバーすることが頻繁に見られました。
それでもセット後半では、ギアアップして逆転する流れで、ストレートで勝ちきり、格の違いを見せつけてくれました。

これから全仏まで、クレーコートでの過酷な試合が続きます。昨年はマドリッドオープンの決勝で途中棄権しています。完璧なコンディションで全仏を迎えられるように、無理しないことを希望します。

バルセロナ・オープン公式サイト

Atpのチャレンジャー大会ですが、スペインを拠点にしている、22歳のダニエル太郎が初優勝しました。
錦織の活躍が他のテニス選手に良い影響をあたえているようです。
ダニエルのテニスはベースラインから大きく下がっての、つなぎのストロークプレーなので、物足りなさがあります。錦織のプレースタイルを学んで、攻撃的なプレーも取り入れていって欲しいと期待します。


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

スペインのバルセロナで開催中の、男子テニスツアーのバルセロナ・オープンのシングルス準決勝で錦織圭が勝利し、決勝へ進みました。

ATPランキング5位で第1シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 28位で第14シードのマーティン・クリザン(Martin Klizan)に6-1、6-2で勝ちました。

錦織のサービスゲームで始まった第1セット、相手のサービスゲームを連続でブレークし、いきなり5-0に。
次のゲームはクリザンにキープされますが、しっかり錦織もキープして6-1。

昨日の準々決勝では第1セット終盤のペースダウンの影響を第2セットに引きずり、第2セットを落とした経験からか、ここで錦織はバスルームブレーク。

このリフレッシュが良かったのか、第2セットも集中力をキープして、一度も相手にブレークさせずに、6-2で取りました。
クリザンは188cmのサウスポー。サウスポー特有のサービスに苦労するかと懸念しましたが、全く問題にしませんでした。クリザンは準々決勝で右腕を少し痛めていたようで、バックハンドに精彩がありませんでした。
錦織は7−8割の力でゆとりをもって戦っていました。

錦織は決勝でATPランキング66位のパブロ・アンドゥハル(Pablo Andujar) と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の2勝1敗。
ATP Head to Head:Kei Nishikori vs Pablo Andujar
ランキングは66位ですが、2013年にクレーコートで負けていますし、第3シードのフェレールを敗っているので侮れません。地元スペインの応援で完全アウェーの戦いになりますが、今の錦織の調子なら問題なく勝ってくれるでしょう。


NHKBSでのマスターズ1000大会に続き、シリーズ500大会はBS朝日で放送されるようになりました。
BS朝日 ATPワールドツアー500

バルセロナ・オープン公式サイト

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

スペインのバルセロナで開催中の、男子テニスツアーのバルセロナ・オープンのシングルス準々決勝で錦織圭が勝利し、準決勝へ進みました。

ATPランキング5位で第1シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 16位で第7シードのロベルト・バウティスタ・アグート(Roberto Bautista Agut)に6-2、3-6、6-1で勝ちました。

アグートのサービスゲームで始まった第1セットいきなりラブゲームでブレークし、自分のサービスゲームもラブゲームキープ。もう一つ相手のサービスゲームをブレークして6-2で取り、楽勝ムード。

しかし、第2セットに入るとアグートが錦織の速い攻めに慣れてきたのか、切り返しのショットでが厳しいところへ決まるようになってきました。逆に錦織は少しペースダウンし、サーブが入らなくなり、ストロークでのミスも目立ち、サービスゲームを一つブレークされて3-6で落としました。一休みと言った感じのセットでした。

第3セットでは再び集中力を取戻し一気にギアアップ、サーブもストロークもクオリティーが大幅に向上しました。
1-1から5ゲーム連取で一気に取り切りました。
最終セットでこのレベルの相手が諦めムードになるまで一気に攻めこめる強さは、トップ4の実力を確実につけてきています。

錦織は準決勝でATPランキング28位で第14シードのマーティン・クリザン(Martin Klizan)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の0勝1敗。昨年の全仏で負けています。
ATP Head to Head:Kei Nishikori vs Martin Klizan

同じ1989年生まれの25歳。同世代のライバル同士の熱戦が予想されます。
是非とも勝っておきたい一戦です。

昨年の本大会から錦織はクレーコートでもハードコートでの試合のように、攻撃的なテニスで戦っていますが、球足の遅いクレーコートのストロークでエースを取るには、より前に踏み込んでライジングで素早く相手コートのラインぎりぎりにアジャストすることが要求されます。
今年は体力的に一段と充実して、この攻撃的なプレーに安定感がありますが、まだまだ全仏へ向けてマドリード他、いくつもの大会が続くので、あまり無理はしないようにお願いしたいところです。

NHKのBSでのマスターズ1000大会に続き、シリーズ500大会はBS朝日で放送されるようになりました。
BS朝日 ATPワールドツアー500

バルセロナ・オープン公式サイト

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

スペインのバルセロナで開催中の、男子テニスツアーのバルセロナ・オープンのシングルス3回戦で錦織圭が勝利、準々決勝へ。

ATPランキング5位で第1シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 31位で第15シードのサンティアゴ・ヒラルド(Santiago Giraldo)に6-2、6-1のストレートで勝ちました。
対戦成績6勝1敗の相手を全く寄せ付けない試合展開でした。
相手にワイドに攻められたときの、コートカバーリングの素早さが一段とアップしていました。


錦織は準々決勝でATPランキング16位で第7シードのロベルト・バウティスタ・アグート(Roberto Bautista Agut)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の1勝0敗。
ATP Head to Head:Kei Nishikori vs Roberto Bautista Aguto
昨年のこの大会で勝っています。今の調子なら勝ち上がれると思われます。

是非ともこのままシード通りに順調に勝ち上がって、クレーキングのナダルとの決勝対決を実現させて欲しいと思っていましたが、残念ながらナダルが3回戦で敗退してしまいました。

この試合はライブではありませんでしたが、BS朝日で放送されました。
NHKのマスターズ1000大会に続き、テレ朝もテニス中継に参入のようです。テニス人気がずいぶんと盛り上がってきました。

バルセロナ・オープン公式サイト

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

スペインのバルセロナで開催中の、男子テニスツアーのバルセロナ・オープンのシングルス2回戦で錦織圭が勝利、3回戦へ。

ATPランキング5位で第1シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 85位のテイムラズ・ガバシュビリ(Teymuraz Gabashvili) に6-3、6-4のストレートで勝ちました。
セカンドサーブのポイント率が90%と好調で、一度も相手にサービスゲームをブレークされること無い、危なげない勝利でした。

錦織は3回戦では31位で第15シードのサンティアゴ・ヒラルド(Santiago Giraldo)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の6勝1敗です。
ATP Head to Head:Kei Nishikori vs Santiago Giraldo
2012年に一度敗れているだけで、ここのところ4連勝。苦戦はしないと思われます。

是非ともこのままシード通りに順調に勝ち上がって、クレーキングのナダルとの決勝対決を実現させて欲しいと思います。

この大会には予選を勝ち上がった杉田祐一も出場していましたが、1回戦で敗退しました。

ATPランキング140位の杉田祐一(Yuichi Sugita) が 75位のトマス・ベルッチ(Thomaz Bellucci)に1-6、0-6で完敗。
ファーストサーブのポイント率が28%。これではサービスゲームをキープすることはできません。

バルセロナ・オープン公式サイト

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
杉田祐一公式ブログ

このページのトップヘ