つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

August 2015

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

今年最後のグランドスラム 全米オープンテニスがいよいよ今日から始まります。

今回は男子選手では、本戦ダイレクトインは錦織圭だけでしたが、西岡良仁が予選を勝ち上がって本戦出場となりました。
女子は、奈良くるみ、土居美咲が本戦ダイレクトインで、日比万葉が予選を勝ち上がりました。


初日の今日は、錦織と土居のシングルス1回戦が予定されています。
錦織の試合は現地時間の31日の11時、日本時間では深夜の12時から予定されています。

ATPランキング4位で第4シードの錦織圭(Kei Nishikori) 対 41位のベノワ・ペール(Benoit Paire)

過去の対戦成績は錦織が2連勝中ですが、196cmの長身選手ですので、サーブの調子が良いと苦戦させられるかもしれません。
ATP Head to Head:Kei Nishikori vs Benoit Paire

WTAランキング88位の土居美咲(Misaki Doi) 対 67位のダニエラ・ハンチュコバ(Daniela Hantuchova)
今回がはじめての対戦となります。
かつてはトップ10に入っていたハンチュコバですが、30歳を過ぎてランキングを落としてきています。十分に勝つチャンスがあると思われます。


西岡、奈良、日比の試合は明日以降となります。
127位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) 対 80位のポール=アンリ・マチュー(Paul-Henri Mathieu)
今回がはじめての対戦となります。
ランキング的にも十分に勝てる可能性があると思われます。

82位の奈良くるみ(Kurumi Nara) 対 27位で第27シードのアリス・コルネ(Alize Cornet)
今回がはじめての対戦となります。
強敵ですが、奈良の調子が良ければ勝つチャンスがあると思われます。


177位の日比万葉(Hibi Mayo)対 16位で第16シードのサラ・エラーニ(Sara Errani)
今回がはじめての対戦となります。
19歳の日比選手は最近の女子選手では珍しいシングルバックハンドプレーヤーです。
相手はキャリアハイ5位の強敵ですので、なかなか勝つのは難しいと思われますが、見たこと無い日比のプレーを見れるのではと楽しみにしています。
WOWOWさんが中継してくれることを期待しています。

US Open 公式サイト

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
西岡良仁 公式サイトFacebook

奈良くるみ公式ブログ
土居美咲公式ブログ


最近は使わなくなった知人からもらったパナソニックのホームベーカリー GOPAN(ゴパン)で、お餅を作って楽しんでいます。

取説に掲載されている通りに作れば簡単にできます。

もち米3合(420グラム)、水260CCを用意。
(1)もち米を洗ってざるで30分ほど水切りをします。
(2)小麦パンケースに めん・もち羽根をセット。
(3)もち米と水を入れて本体にセット
(4)メニュ24を選んでスタート
(5)ピピッと鳴ったらふたを開けてスタートボタンを押します。
   余分な水分を飛ばすためにふたを開けたままで10分ほどこねるそうです。
(6)再度ピピッと鳴ったら出来上がり。

お餅は少しだけつきたてでおろしもちなどにして食べるのも美味しいし、
ラップに少し片栗粉を振ったところに出して平らに延ばして、
少し硬くなったところでカットして冷蔵庫に保管しておけば、いつでも美味しいお餅が食べられます。
ホームベーカリー GOPAN(ゴパン)でお餅

ホームベーカリー GOPAN(ゴパン)でお餅

ホームベーカリー GOPAN(ゴパン)でお餅

ホームベーカリー GOPAN(ゴパン)でお餅

ホームベーカリー GOPAN(ゴパン)でお餅

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

カナダのモントリオールで開催されているテニスツアーのロジャーズ・カップの準決勝でATPランキング4位で第4シードの錦織圭(Kei Nishikori)が3位で第2シードのアンディ・マレー(Andy Murray)に3-6、0-6のストレートで敗れました。

第一セット序盤は先にサービスゲームをブレークされても取り返す勢いがありましたが、徐々にサーブのスピードが落ち、フットワークも悪くなってしまいました。
腰か足の故障が再発したのかと心配しましたが、それほど大きな怪我ではないようです。
錦織圭は次戦欠場 31日開幕全米へ万全で臨む|日刊スポーツ


この敗戦で対マレーの対戦成績は錦織の1勝5敗となりました。
ATP Head to Head:Kei Nishikorivs Andy Murray


前週のシティ・オープンでは連日ビッグサーバーとの対戦でかなりの消耗戦となり、今大会は比較的身長の高くない選手との対戦で体力的な消耗は少なく、調子も良かったので大丈夫かなと期待していましたが、連戦の疲れが出てしまったようです。ナダル戦でがんばりすぎたのも原因かもしれません。

第2セット終盤では左右に振られたボールを全く追うことが出来ない錦織に観客席からブーイングが。
また、NHKテレビ中継の解説者の谷澤さんは錦織のプレーに対して「戦意喪失」と表現していました。
これを受けてネットでは錦織へのバッシングもあったようです。

痛みがそれほどひどくなかったからなのか、痛みを隠したかったのか理由は分かりませんが、メディカルタイムアウトを取らなかった事が誤解を招いてしまったと思われます。

身長の低い錦織はサービスゲームを楽にキープできない為に、連戦が続くとどうしても疲労が蓄積してしまいます。今までも好調が続くと必ずと言っていいくらいに怪我に見舞われてきました。
全米オープンまであと2週間。回復して元気な姿を見せてくれることを願っています。

ロジャーズ・カップ 公式サイト

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

カナダのモントリオールで開催されているテニスツアーのロジャーズ・カップの準々決勝でATPランキング4位で第4シードの錦織圭(Kei Nishikori)が9位で第7シードのラファエル・ナダル(Rafael Nadal)に6-2、6-4のストレートで勝ち、準決勝へ進みました。

序盤スローペースで入ることの多い錦織ですが、さすがに7連敗中のナダルに対しては試合へ入る気持ちが違っていたようです。
ファーストセット出だしからナダルのセカンドサーブに対して強烈に叩き込み、ストロークで優勢に立つと、左右のラインぎりぎりの厳しいショットで攻めまくる試合展開で全く相手にしない圧巻の試合展開でした。

第2セットの中盤で2ブレークアップしてして安全圏にリードしたところで少し集中力を欠いたのか、初めてサービスゲームを落としましたが、最後は再度集中力をアップしてきっちりと勝ちきりました。
ATP Head to Head:Kei Nishikorivs Rafael Nadal


準決勝ではATPランキング3位で第2シードのアンディ・マレー(Andy Murray)と対戦します。

過去の対戦成績は錦織の1勝4敗で、比較的、不得意としている相手です。
ATP Head to Head:Kei Nishikorivs Andy Murray
先週のシティ・オープンでは連日ビッグサーバーとの対戦でかなりの消耗戦となっていましたが、今大会は比較的身長の高くない選手との対戦で体力的な消耗は少なく、今の調子なら十分に勝てる可能性はあると思われます。

トップスピンのナダルと異なり、フラット系のハードヒットで速い展開でガンガン攻めてくるマレーとの戦いは壮絶な打ち合いになると予想されます。絶対に見逃せない一戦です。
NHKの地上波で午前4時からジョコビッチ対シャルディ戦、BS1で9時から錦織対マレー戦が放送される予定です。
テニス | NHKスポーツオンライン

ロジャーズ・カップ 公式サイト

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

アメリカのワシントンDCで開催されていた、テニスツアーのシティ・オープンのシングルス決勝戦で、ATPランキング5位で第2シードの錦織圭(Kei Nishikori)が第8シードで18位のジョン・イズナー(John Isner)に4-6、 6-4、6-4の逆転で勝ち、優勝しました。
イズナーのファーストサーブに序盤は苦戦しましたが、徐々にアジャストし返球することにより、イズナーのファーストサーブインの確率もセットを追うごとに低下。何とか逆転で勝ち取ることが出来ました。

CITI OPEN 公式サイトにはガラスの優勝カップを持つ錦織の大きな写真が掲載されていました。

この大会では、準々決勝で世界最速サーバーのグロス(193cm)、準決勝で第3シードのチリッチ(198cm)、決勝でイズナー(208cm)と、長身のビッグサーバーとの対戦となりましたが、少ないチャンスを生かして見事優勝をしました。今回は初戦の2回戦は体の切れが悪いように見えましたが、試合を重ねるごとに集中力が高まっていきました。

この優勝により今週のランキングでキャリアハイの4位に戻しました。

今週はカナダのモントリオールで開催される、ロジャーズ・カップ(Rogers Cup Toronto)に出場予定です。
錦織は第4シードで、シード勢が順当に勝ち上がると、準々決勝でナダル、準決勝でマレー、決勝でジョコビッチとの対戦となります。こちらも厳しい戦いとなることが予想されます。

身長の低い錦織選手は大きな選手相手に体力の消耗が激しく、全米オープンへ向けての疲労蓄積が心配されます。

錦織選手のFacebookにも優勝の写真が掲載されています。
錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

このページのトップヘ