つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

October 2015

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

ルクセンブルグで開催されていた女子テニスツアーのルクセンブルグ・オープンのシングルスで土居美咲が優勝しました。

WTAランキング92位の土居美咲(Misaki Doi)が55位のモナ・バーテル(Mona Barthel)に6-4、6-7、6-0で勝ちました。
セカンドセットをお互いにサービスゲームキープでのタイブレークから落としてしまいましたが、気落ちすることなくしっかり勝ちきることが出来ました。
バーテルは185cmの長身。159cmの土居とは26cmの身長差がありましたが、サービススタッツでは土居の方が勝っていました。

全米オープン2回戦ではベリンダ・ベンチッチに対してマッチポイントを握りながら勝ちを意識したからか、痛恨のミスショットを連発し逆転で敗れた土居でしたが、今回の大会では勝負強さが目立ちました。
ワンランク実力アップしたようです。これからが楽しみです。

WTAのサイトには土居優勝のニュースがアップされていました。
Doi Captures First Title In Luxembourg|WTA

土居選手のブログには優勝の写真が投稿されていました。
土居美咲公式ブログ

土居はこの勝利でランキングを現在の92位からキャリアハイを更新し60位くらいにアップさせてくると思われます。

昨年の奈良くるみのツアー優勝に続き、先日のタシケント・オープンでの日比野菜緒の優勝に今回の土居の優勝。女子選手がかなりレベルアップしてきました。これも錦織効果かもしれません。


先日、目黒雅叙園の百段階段で開催されていた、華道家 假屋崎省吾さんのお花の展示会に行ってきました。

雅叙園の「百段階段」の見事な浮き彫り装飾と假屋崎さんプロデュースの着物に生け花が見事にマッチし、楽しませてくれました。残念ながら会場内は写真撮影は禁止でした。

百段階段では今後も色々とイベントが予定されています。
催し物|目黒雅叙園

華道家 假屋崎省吾の世界  目黒雅叙園

華道家 假屋崎省吾の世界  目黒雅叙園

ブログ村の旅行へ>にほんブログ村 旅行ブログへ

絵画のサークルで皇居東御苑にスケッチに行った際に、園内を散歩しましたがコツコツと木をつついて虫を食べている鳥がいたのでてっきりキツツキだと思い写真を撮って来て野鳥に詳しい人に見てもらったらヤマガラでした。
ヤマガラはキツツキの仲間ではなく、スズメと同じ仲間(ヤマガラ - Wikipedia)です。木をつついて虫を食べるのはキツツキだけでない事を初めて知りました。

皇居のお堀には白鳥が優雅に泳いでいました、スズメは餌を上げる人が多いからか近くに寄って来ます。小さな可憐な花も咲いていて散歩するのには最高の場所でした。
次回は一眼レフのデジカメを持って行ってもう少し良い写真を撮りたいと思います。

宮内庁のWebサイトに野鳥の情報が掲載されていました。冬場には沢山の種類の渡り鳥が見られるようです。
皇居東御苑の野鳥|宮内庁

皇居東御苑のヤマガラ

皇居東御苑の白鳥

皇居東御苑のススメ


皇居東御苑の花

皇居東御苑の花

皇居東御苑の花

皇居東御苑の花

ブログ村の旅行へ>にほんブログ村 旅行ブログへ

絵画のサークルで皇居東御苑にスケッチに行った際に、騎馬隊に続く儀装馬車を見ることが出来ました。朝の馬の訓練なのでしょうか。

テレビでキャロライン・ケネディー駐日大使が 儀装馬車に乗って皇居に向かう映像を見たことがありますが、まさか本物の儀装馬車を間近に見ることが出来るとは驚きでした。

イギリスのバッキンガム宮殿では観光用のイベントとして衛兵交替が行われ、大勢の観光客が見に来ていますが、こちらは告知されていないため見物客はほとんどいませんでした。

宮内庁のホームページには信任状捧呈式の馬車列の運行予定が告知されるようです。
信任状捧呈式の際の馬車列|宮内庁
Wikipedia:信任状捧呈式

皇居東御苑での儀装馬車


皇居東御苑での儀装馬車


スケッチ向きな場所は沢山ありましたが、初めての東御苑で園内を散歩してたらほとんど進みませんでした。
皇居東御苑 スケッチ

皇居東御苑 スケッチ

皇居東御苑 スケッチ

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

中国の上海で開催されている上海マスターズ(Shanghai Masters)のシングルス3回戦で、錦織圭が敗退しました。

ATPランキング6位で第6シードの錦織圭(Kei Nishikori) が 10位で第12シードのケヴィン・アンダーソン(Kevin Anderson)に6-7、6-7で敗れました。
アンダーソンには錦織が2連勝中でしたが、今回のアンダーソンはかなりストローク力やコートカバリング力が向上していました。既に29歳ですが、今月初めてのトップ10位入り。最近ランキングアップしていることを窺わせる充実したプレー内容でした。

第1セットは両者ブレークチャンスを全く与えず安定してサービスゲームをキープしタイブレークに。
タイブレークでも全く互角の展開でしたが、9-8錦織リードの場面で決めに行ったストレートをエンドラインぎりぎりに返球され、このボールに詰まり返球が浅くなったところを厳しいショットで決められてしまいました。ここで決めていたら勝敗は恐らく逆になっていたでしょう。

第2セットは先にサービスゲームのブレークを許した錦織でしたが、直ぐに取り返してまたもタイブレークに。
このタイブレークでは早々にミニブレークされて、アンダーソンの一方的な展開になってしまいました。

1回戦で22本、2回戦で15本のサービスエースを取って上がってきた203cmの長身のアンダーソンに対して、錦織は6本しか許しませんでした。30cm以上の身長差のハンデがありながら良く戦ったと思います。
トップ4となった錦織に対する対策を対戦相手も色々と考えてきているようで、高くホップしてくるボディーへのセカンドサーブや、ストロークプレーに持ち込まないための早めの攻撃プレーが目立ちます。

このところの錦織選手のプレーには力みが見られ、ショットやフットワークの切れに欠けるように感じられます。
全米でのまさかの1回戦敗退を挽回しようとの気持ちが先走りしすぎているのではないでしょうか。
周りの期待の大きさは分かりますが、トップ10から落ちても構わないと言うくらいの、気楽な気持ちで戦うように切り替えるのも良いのではないかと思います。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

中国の上海で開催されている上海マスターズ(Shanghai Masters)のシングルス2回戦で、錦織圭が勝ち3回戦に進みました。

ATPランキング6位で第6シードの錦織圭(Kei Nishikori) が 32位のニック・キリオス(Nick Kyrgios)に1-6、6-4、6-4の逆転で勝ちました。
第1セット、錦織は力みすぎかサーブが入らずにダブルフォルトを連発。逆に193cmの長身のキリオスは220kmを超えるサーブに、速い展開のストロークの切り替えし、ベースライン際の深いトップスピンなど、変化に富んだ攻撃で錦織を圧倒します。
ストロークでもミスの多い錦織をいきなり0-5とリード、一方的な展開となってしまいました。何とかサービスゲームを一つキープして1-6で落としました。

しかし、第2セットからは錦織のサーブが安定しキープできるようになると互角の展開に。
まだ20歳で精神的に脆いキリオスの正確にも助けられ、どちらのセットも5-4からのキリオスのサービスゲームをブレークして6-4、6-4で勝ちました。
本当に危ない試合でした。キリオスは精神面を強化してくればトップ10は間違いないと思われます。

3回戦はATPランキング10位で第12シードのケヴィン・アンダーソン(Kevin Anderson)と対戦します。
錦織が2連勝中の相手ですが、203cmの長身選手。サーブがガンガン決まると苦戦すると思われます。 
head-2-head/kei-nishikori-vs-kevin-anderson

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook


このページのトップヘ