つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

November 2016

美術ブログランキングへ>にほんブログ村 美術ブログへ

昨日から目黒区美術館の地下にある区民ギャラリーで目黒ユネスコ協会主催の「ユネスコ美術展」が始まりました。27日(日曜)まで開催の予定です。
この美術展は2年に一度開催されています。


絵画、写真、陶芸、ガラス工芸、書、など沢山の作品が展示されていました。
ユネスコ文化講座で講師をされている先生の作品や生徒さんの作品、目黒区の子供たちの作品、気仙沼の子供たちの作品、海外からはラオスの子供たちの作品など、どれも素晴らしい作品ばかりでした。

私もバードカービング作品を搬入させていただきました。

目黒区美術館区民ギャラリー
目黒ユネスコ協会公式サイト
「ユネスコ美術展」目黒区美術館 区民ギャラリー

「ユネスコ美術展」目黒区美術館 区民ギャラリー

「ユネスコ美術展」目黒区美術館 区民ギャラリー

「ユネスコ美術展」目黒区美術館 区民ギャラリー

「ユネスコ美術展」目黒区美術館 区民ギャラリー

「ユネスコ美術展」目黒区美術館 区民ギャラリー


「ユネスコ美術展」目黒区美術館 区民ギャラリー


昨日は二の酉、今年も例年通りに目黒の大鳥神社の酉の市(大鳥神社ホームページ 酉の市)へ行き、今年も一年無事に仕事を続けて来れた事に感謝してきました。

今年は11月11日が一の酉で、昨日(23日)が二の酉でした。朝から沢山の人で混み合っていました。

熊手は毎年、大きくして行くのが慣わしのようですが、お金がもったいないのとビジネスもほどほどで良いので、我が家ではずっと同じくらいの大きさのものにしています。
そのおかげか、ビジネスは地道に長続きしています。来年も地道な商売をお願いしたいものです。

Wikipedia(酉の市 - Wikipediaja)によると、「縁起物の代表である熊手は、鷲が獲物をわしづかみすることになぞらえ、その爪を模したともいわれ、福徳をかき集める、鷲づかむという意味が込められている。」とあります。

目黒の大鳥神社の酉の市 1の酉


2年前にネットで購入したキウイの苗が順調に成長し、今年初めて実を収穫しました。
キウイは通常は雄株と雌株の二つを植える必要がありますが、我が家に植えたスーパーエメラルドは1株で実をつける品種です。
日当たりの悪い狭い庭ですが、物干しまで蔓が伸びて夏場には日が当たるようになったので今年は実をつけてくれました。

20個以上、実が付いたのですが、ほとんどが落ちてしまいました。

キウイの実を初めて収穫

キウイの実を初めて収穫


◆予約販売(9月上旬〜下旬発送)◆ キウイ 苗木 【1本でも成る スーパーエメラルド】 2年生 接ぎ木 ポット苗 キウイフルーツ キュウイ 苗 果樹 果樹苗
◆予約販売(9月上旬〜下旬発送)◆ キウイ 苗木 【1本でも成る スーパーエメラルド】 2年生 接ぎ木 ポット苗 キウイフルーツ キュウイ 苗 果樹 果樹苗

ブログ村の新作映画・試写会へ>にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ

TOHOシネマズ 日劇でトム・ハンクス主演の映画『インフェルノ』を見てきました。
ロン・ハワード監督の『ダ・ヴィンチ・コード』の続編で3作目となる作品ですが、謎解きの面白さとイタリアのフィレンツェ、ヴェネツィア、トルコのイスタンブールなどの観光地巡りでとても楽しませてくれる作品でした。

トム・ハンクス主演の映画『インフェルノ』


ウイルスの隠し場所はイスタンブールのアヤソフィア近くの地下宮殿に。
今年、トルコ旅行に行った友人が撮影したアヤソフィアのライトアップ。
イスタンブールのアヤソフィア

治安が心配ですが、イスタンブールは一度は観光に行ってみたい街です。

映画『インフェルノ』 | オフィシャルサイト | ソニー・ピクチャーズ

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

イギリスのロンドンで開催されている、ATPワールドツアー・ファイナルズ(Barclays ATP World Tour Finals)の準決勝。錦織がジョコビッチに敗れました。

ATPランキング5位の錦織圭(Kei Nishikori)が 2位のノヴァク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)に1-6、1-6のストレートで敗退。
会場に登場したときの錦織選手が俯き加減で、表情に精気がなくすごく心配でした。
やはり、試合が始まると、ジョコビッチの左右の振り回しに対して反応が鈍く、ヒッティングポイントに入って力強く振り抜く事が出来ず、ミスショットとなるか、威力の無いショットが餌食となっていました。

錦織のファーストサーブも勢いが無く、レシーブが得意なジョコビッチに強烈なショットで返球され、ほとんどサービスゲームのキープが出来ませんでした。

今回はマレー戦の疲れが最後まで影響してしまったようです。準決勝進出が決まっていた、チリッチ戦では少し手を抜いてジョコビッチとの準決勝に体力を温存するような作戦もあったのではないかと思われます。

身長の低い錦織選手はサービスエースで得点を重ねる長身選手と比べると、体力消耗が激しく不利となる事は致し方ありません。観客には申し訳ありませんが、時には体力を消耗しないために試合を棄てる様な戦略も必要となってくるのではないでしょうか。

錦織選手の年内の公式戦は終了しましたが、2つのエキジビションマッチが日本で開催されます。
11月26日に有明コロシアムで 日清食品ドリームテニス
12月2日〜12月4日にさいたまスーパーアリーナでインターナショナルプレミアテニスリーグ(IPTL)
日清食品ドリームテニスの方は全ての席のチケットが既に売り切れでした。
IPTLの方はまだ残っていますが、すごく高額な料金設定となっています。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

イギリスのロンドンで開催されている、ATPワールドツアー・ファイナルズ(Barclays ATP World Tour Finals)の予選ラウンドロビンの3戦目。錦織 が チリッチに敗れました。

ATPランキング5位の錦織圭(Kei Nishikori)が 7位のマリン・チリッチ(Marin Cilic)に6-3、2-6、3-6の逆転で敗れました。
試合前にマレーがワウリンカに勝った為に決勝ラウンドへの進出が確定していたので気楽に戦えたのか、出だしは極めて好調でした。
ファーストサーブインの確率が70%で、ファーストサーブが入った時のポイント率が75%。
安定したサービスゲームのキープとミスの無いプレーでチリッチのサービスゲームを2度ブレークして6-3で取りました。
しかし、第2セットに入ると明らかに調子がおかしくなり、フォアハンドストロークが大きくエンドラインをオーバーしたり、ネットしたりとミスショットが増加。ファーストサーブインの確率も55%と落ちて、サービスキープするのが苦しくなりました。
結局、この状況が戻らずに、第2、第3セットを連取されてしまいました。

怪我をしたのかと心配しましたが、メディカルタイムアウトを取らなかったので、単にマレー戦の疲れの影響だったのかもしれません。
第1セットを取ってほっとした後のトイレットブレークで、急に疲れが出てしまったのでしょうか。
身長が低い分体力消耗が激しく、どうしてもトップ選手との連戦が続くと疲労が蓄積してしまうのは仕方ない事かもしれません。

次のジョコビッチとの準決勝戦は、日本時間の明朝、NHKのBSで放送されます。
過去の対戦成績は錦織の2勝10敗。
ATP Head to Head: Kei Nishikori vs Novak Djokovic
ジョコビッチは1日休養しいるので連戦の錦織にとっては不利ですが、きっと素晴らしいプレーで楽しませてくれるでしょう。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

このページのトップヘ