つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

March 2017

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

テニスの帰りに万豚記 都立大学店でランチをしました。万豚記と書いてワンツーチと読むようです。

ランチセットにビールをいただきましたが、コストパフォーマンスが良くて大満足でした。
万豚記 都立大学店のランチ

万豚記 都立大学店のランチ


GoogleMap 万豚記 都立大学店

ブログランキング>ブログランキング・にほんブログ村へ

宅配の再配達が社会問題となっていますが、宅配ボックスの受注増で生産が追いつかずに発売延期になるほどに売れているようです。
>>パナソニック、宅配ボックス発売延期 旧型の受注急増で|日本経済新聞

我が家でも、車を処分してからはもっばら宅配を利用させていただいていますが、ネット通販での購入時には配達状況をウオッチして、不在時に届きそうなら事前に別の時刻の配達をお願いするようにしています。
それでも時々不在配達で運転手さんに迷惑をかけているので、最近は宅配ボックス設置の検討も必要かと思っていたところです。

宅配ボックスはネットで見ると格安に自作しているような人もいるようですが、配達証明とかの関係があるようで、自作できるようなものではなさそうです。

日本郵便のサイトを見ると、日本郵便の規格に適合したものの一覧があり、株式会社ナスタ、株式会社ティ・ケイ・エム、日本宅配システム株式會社などの製品が記載されています。
>>当社が定める規格に適合した大型郵便受箱-日本郵便

宅配ボックスに入れられたは簡単に盗まれたりしないのか心配ですが、磁気カード、非接触カード/キー、暗証番号などの認証を行って取り出すようです。
>>宅配ボックスに届けられた荷物はどうやって受け取るのですか?

ヤマト運輸の配達員さんに聞いたところでは、一戸建てのお宅でも新築の場合には設置される家が多くなっているようですが、入り口が小さくて荷物を入れることが出来ないケースも多いそうです。

宅配ボックスには郵便ポストのようなものから、ゴルフクラブを入れられるような大きなロッカータイプのものまで色々なサイズのものがあるようです。
当然、小さい宅配ボックスには大きい荷物は入らないでしょうから、なるべく大きなものを設置しておいた方が良いでしょう。

赤坂に日本宅配システムのショールームがあるようなので、どんなものか一度見てみようと思っています。
>>宅配ボックスプラザ東京(東京ショールーム)-日本宅配システム株式會社


美術ブログランキングへ>にほんブログ村 美術ブログへ

そごう横浜店9階のセンタープラザで、よみうりカルチャー横浜の「バードカーカービング」講座の生徒さんの作品展が29日(水曜日)までの予定で開催されていました。

最終日に立ち寄らせていただきましたが、素晴らしい作品が多数展示されていました。
木の枝や木の葉も手作りで、銅パイプや銅版を利用して製作するそうです。
バードカーヴィング作品展の作品 そごう横浜店9階 センタープラザ

バードカーヴィング作品展の作品 そごう横浜店9階 センタープラザ

バードカーヴィング作品展の作品 そごう横浜店9階 センタープラザ

バードカーヴィング作品展の作品 そごう横浜店9階 センタープラザ


バードカーヴィング作品展開催!(3/24〜3/29) |よみうりカルチャー横浜

そごう横浜店 GoogleMap


人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

アメリカのマイアミで開催されているマイアミ・オープンのシングルス準々決勝で、錦織圭が敗退しました。
Miami Open

今回の男子の試合はマスターズ1000の大会で、NHKのBSで生中継されています。

ATPランキング4位で第2シードの錦織圭(Kei Nishikori)が40位のファビオ・フォニュイーニ(Fabio Fognini)に4-6、2-6のストレートで敗退。
4回戦で痛めた左膝にはテーピングがありませんでしたが、右手首にテーピングして登場してきた錦織。
明らかに怪我の影響がありました。サービスに全くスピードが無く、ストロークでも押さえが利かずにミスを連発。
2連勝中の相手でしたが、さすがにこの状況で勝てるほど甘くはありません。
表情にも精彩が無く、棄権してもおかしくないくらいの状況だったのではないかと思われます。怪我の具合が非常に心配されます。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

アメリカのマイアミで開催されているマイアミ・オープンのシングルス4回戦で、錦織圭が勝利し、準々決勝へ進みました。尾崎里紗は敗退しました。
Miami Open

今回の男子の試合はマスターズ1000の大会で、NHKのBSで生中継されています。

ATPランキング4位で第2シードの錦織圭(Kei Nishikori)が57位のフェデリコ・デルボニス(Federico Delbonis)に6-3、4-6、6-3のフルセットで勝利。
初対戦の相手のプレーを探るように、お互いサービスキープの緊張感のあるスタートの第1セットでしたが、徐々にデルポニスのサービスに慣れてくると、錦織が2-3から一気に4ゲーム連取して6-2で取りました。

延びのあるストロークが深く入る安定したストロークの錦織でしたが、第2セットに入ると途中で左膝を痛めたようで、サーブが入らなくなり、フットワークが悪くなったための振り遅れが原因なのか、ストロークがネットにかかることが多くなりました。第2セットは4-6で落としましたが、マッサージを受けながらプレーを続けました。

悪い流れを引きずったファイナルセットも先にブレークされましたが、徐々に膝の具合が戻ってきたのか、集中力を高めた錦織が1-2から4ゲーム連取して5-2に。その後キープ・キープで6-3で取りました。
第3セットは5本のダブルフォルトでファーストサーブインの確率が50%。このスタッツでよく勝てたと思います。

準々決勝では40位のファビオ・フォニュイーニ(Fabio Fognini)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の2連勝中ですが、フォニュイーニは4回戦を1時間ほどでストレートで勝ち上がってきています。
錦織の2時間を越える戦いでの疲れと膝の怪我の具合が心配されます。
ATP head to head: Kei Nishikori vs Fabio Fognini


女子。
WTAランキング87位の尾崎里紗(Risa Ozaki)が1位で第1シードのアンジェリーク・ケルバー(Angelique Kerber)に2-6、2-6のストレートで敗退。
スコア的には一方的のようですが、第1、2セットで1ゲームずつケルバーのサービスゲームをブレークできました。
サービスゲームのキープ率を高めていけば、このレベルの選手にも十分に通用すると期待できる結果でした。
尾崎は今回の活躍で70位台にランクアップしてくると思われます。全仏での活躍が期待されます。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

尾崎里紗 twitter

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

アメリカのマイアミで開催されているマイアミ・オープンのシングルス3回戦で、錦織圭と尾崎里紗が勝利し、4回戦へ進みました。
Miami Open

今回の男子の試合はマスターズ1000の大会で、NHKのBSで生中継されています。

ATPランキング4位で第2シードの錦織圭(Kei Nishikori)が30位で第25シードのフェルナンド・ベルダスコ(Fernando Verdasco)に7-6、6-7、6-1のフルセットで勝利。
第1セット序盤でベルダスコのサービスゲームをブレークし、錦織の楽勝ペースのように思われましたが、途中から急に錦織のミスが目立つようになり、もつれた展開となってしまいました。
第1セットをタイブレークで取り、第2セットは取り返されて第3セットへ。

第3セットでは1-1からの錦織のサービスゲームでブレークされそうになりながらも何とかキープすると、気落ちしたのかベルダスコの疲れが目立つようになり、その後は一気に5ゲーム連取して6-1で取りました。
33歳のベルダスコのスタミナ切れに助けられた試合でした。
リードしている展開で、集中力を切らさずにきちっと取りきらないと、これからの対戦相手には厳しいと思われます。

4回戦では57位のフェデリコ・デルボニス(Federico Delbonis)
と対戦します。
過去の対戦成績はありません。
デルボニスは191cmの長身のサウスポー。サービスリターンがキーになると思われます。


女子。
WTAランキング87位の尾崎里紗(Risa Ozaki)が47位のユリア・ゴルゲス(Julia Goerges)に7-6、6-3のストレートで勝利。
第1セットはお互いダービスゲームを2ゲームブレークしてタイブレークへ。タイブレークを7-5で取ると、第2セットはゴルゲスのサービスゲームを3ゲームブレークし、1ゲームブレークバックされて6-3で取りました。

4回戦では1位で第1シードのアンジェリーク・ケルバー(Angelique Kerber)と対戦します。
過去の対戦はありません。

予選を2戦勝ち抜いての4回戦。かなり疲労が蓄積してきていると思いますが、今の勢いでナンバー1を撃破してくれることを期待したい。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

尾崎里紗 twitter

このページのトップヘ