つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

February 2018

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

平昌冬季オリンピックの日本チームが3位に入賞したカーリング女子三位決定戦での、英国チームのスキップ、イブ・ミュアヘッド選手の最後のショット。
ネットの記事によると「100回中99回成功できたはず」の易しいショットだったようです。
美女スキップの“1%の失投”に英名手は同情「残酷な終焉になってしまった」-THE ANSWER

日本チームは藤沢選手が投げた時点で負けたと思ったようですので、それほど難しいショットではなかったようです。
しかし、私にはビデオ画像を何度見ても、2点取るのはかなり難しそうに思えてなりません。

投げる前の時点では赤石が1、4番、黄石が2、3,5番。
投球した赤石が黄石3番に当たり、撥ねた黄石3番が赤石1番に当たりほんの少し中心方向へ移動して1番となりました。黄石2番は狙い通り中心から遠くへ移動しましたが1番を取った黄色の勝ち。

テレビではもう少し厚く当たればと解説していましたが、確かにもう少し厚く当たっていれば、撥ねた黄石3番がもう少し勢い良く右下に出て行ったかもしれません。

しかし、厚く当たりすぎた場合には黄石3番が下方向にある赤石4番に当たり出してしまうかもしれません。狙う範囲はかなり狭いように見えます。

素人目には、ドローで1,2番狙いのショットをした方が、失敗しても赤石1番は残るので良かったと思われますが、黄石3番が邪魔になってそれも難しかったのでしょう。

結果はともかく、予選から3位決定戦まで、ワクワクするゲームを堪能させていただきました。

カーリング女子三位決定戦 英国チームスキップの最後のショット


黄石2が中心へ移動し1番。日本の勝利に。
カーリング女子三位決定戦 英国チームスキップの最後のショット


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

日本人選手の活躍で盛り上がっている平昌冬季オリンピックですが、フィギュアスケートの男子フリーで中国人審判の採点が極端に中国人選手に有利に、ライバル選手に厳しく採点したのではないかとの不正採点疑惑がニュースになっています。

THE ANSWERの記事を見ると4位に入った中国の金博洋選手を高く、銀メダルの宇野昌磨、銅メダルのハビエル・フェルナンデスの採点を低く評価して、何とか銅メダルに食い込ませたかった意図があったように見えます。
フィギュア、中国人審判の不正採点疑惑が浮上 自国選手の高得点で調査へ…海外一斉報道-THE ANSWER
【これが問題となった採点表】羽生よりも金博洋が高得点 中国人ジャッジに不正採点疑惑?-THE ANSWER

ただ、中国以外でもスペイン人審判はフェルナンデスを羽生より高く評価し、日本人審判はフェルナンデスに厳しい採点を行っているようにも見えます。

フィギュアスケートでは2002年のソルトレイクでの不正採点が有名ですが、この不正を受けて、採点方法に改善がなされたようですが、今回の事例を見るとまだまだ改善の余地がありそうです。
ソルトレイクシティオリンピックにおけるフィギュアスケート・スキャンダル

フィギュアスケートの採点法 - Wikipedia

オリンピックの競技は夏の陸上や競泳、冬はアルペンスキーやスピードスケートなど、勝敗がはっきりと分かる競技の方が勝っても負けてもスッキリしていて心から楽しむ事が出来るので好みです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

錦織選手が、ATPツアーへの復帰初戦のニューヨークオープンで準決勝で敗退しました。

ATPランク27位で、第5シードの錦織圭 (Kei Nishikori)が11位で第1シードのケヴィン・アンダーソン(Kevin Anderson)に 1-6、6-3, 6-7のフルセットで敗退。
第1セットは錦織がサービスゲームを2ゲームブレークされ1-6で落とし、
第2セットは逆にアンダーソンのサービスゲームを1ゲームブレークして6-3取り迎えた第3セット、
お互いにサービスゲームをキープしてタイブレークへ。
タイブレークでは一時リードしましたが、最後はアンダーソンのサービス力で押し切られました。
203cmの長身のアンダーソンにトータル23本のサービスエースを決められました。

負けはしましたが互角の試合内容で、怪我で休養する前の錦織の状況に近づいてきていると思われます。

今日はネットのライブストリーミングでの観戦でしたが、試合中に腿にテーピングの治療を受けていたのが心配です。
復帰初戦で完璧でない現状では、勝ち上がって決勝戦へ行くよりかえって良かったかもしれません。

錦織圭 ATPツアー復帰初戦のニューヨークオープン準決勝で敗退

錦織圭 ATPツアー復帰初戦のニューヨークオープン準決勝で敗退


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

8日に井之頭公園のテニスコートでテニスをしたのですが、西園では平昌オリンピックのパブリックビューイング「東京2020ライブサイト in 2018」の準備が行われていました。

1月29日にプレーした時には雪に覆われていた西薗の様子がすっかり変わっていました。
東京2020ライブサイト in 2018 井之頭公園
 

井之頭公園 西薗


井の頭公園だけでなく、日比谷公園、仙台、郡山、盛岡などでも行われるようです。
東京2020ライブサイト in 2018
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

8日に井之頭公園のテニスコートでテニスをしたのですが、10日前の1月29日よりは少なくなりましたが、コート脇にはまだ沢山の雪がありました。

今年は寒さは厳しく、なかなか解けないようです。

1月29日のテニスコート
井之頭公園のテニスコートの雪 1月29日


1月8日のテニスコート
井之頭公園のテニスコートの雪 2月8日
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

盛岡タカヤアリーナで行われていた デビスカップ ワールドグループ1回戦で 日本はイタリアに1勝3敗で敗退しました。9月の入れ替え戦で勝てば来年もワールドグループで戦う事が出来ます。

NO1.シングルス ダニエル太郎 がファビオ・フォニーニに4-6、6-3、6-4、3-6、2-6で敗退。
NO2.シングルス 杉田祐一 がアンドレアス・セッピに 4-6、6-2、6-4、4-6、7-6で勝利。
NO3.ダブルス マクラクラン・ベン/内山靖崇 組がシモーネ・ボレリ/ファビオ・フォニーニ組に 5-7、7-6、6-7、5-7で敗退。
NO4.シングルス 杉田祐一 が ファビオ・フォニーニに 6-3、1-6、6-3、6-7、5-7で敗退。

地元開催での応援を力に、スコア的にはどの試合もかなりの接戦となりましたが、結果的には選手のランキング通りの結果でした。

イタリアチームのATPランキング22位の ファビオ・フォニーニ(Fabio Fognini)がシングルス2試合とダブルスで勝利の活躍。
常に全力でプレーしている日本選手と、8割程度の力でプレーしていて、ここと言う場面で集中力アップしてプレーしてくるフォニーニのプレイスタイルにスコアに現れない実力差(ランキングの差)が感じられました。
コースだけでなく緩急の変化が大きいフォニーニのショットに日本選手はタイミングが合わせる事が難しかったように見られました。
重要な場面で、固くなってミスをしてしまうことと、集中度を高めてプレーの精度がアップすることの違いが勝敗を分けました。

杉田選手は相手選手を振り回してチャンスボールが来た場面でもほとんど前に出ることがありませんでした。不得意であってもボレーにトライして欲しかった場面が数多く見受けられました。
今後に期待したいと思います。


ダニエル選手はスペインから日本に拠点を移して、攻撃的なテニスへの変革の練習を積んでいるようで、以前のベースラインのはるか後ろからつなぐだけのテニスからはずいぶんと改良してきているように思いました。サービスの威力も増した感じですし、今シーズンは期待できると思います。


錦織選手が回復しメンバーに加われば、フォニーニのように3日間通しでは無理としても、2日目のダブルスと3日目のシングルストップ対決に出場できれば、ワールドグループでも十分に勝利のチャンスはあると思われます。
錦織選手の回復が待たれます。

Davis Cup
デビスカップ JTA 公式サイト

杉田祐一公式ブログ

ダニエル太郎公式Blog,Twitter

添田豪公式サイト,Facebook

内山靖崇公式ブログ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ