つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),バードカービング,ベランダ菜園・果樹,音楽,海外旅行,国内旅行,グルメお取り寄せ,スモーク,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

January 2020

ブログランキング・にほんブログ村へ

新型コロナウイルスによる肺炎での死者が増加している中国の武漢市では封鎖を行われましたが、既に500万人以上が武漢を脱出してしまったようです。
新型肺炎の死者100人超に “封鎖”難航…武漢市民の半数が市外へ脱出-FNN PRIME
脱出した人の中には日本やその他の国へ旅行に行った人もいるのではないでしょうか。
中国では、海外への団体旅行の27日からの中止が発表されていますが、中国政府がそれだけ深刻だと認めていると言うことでしょう。

マレーシアやフィリピンなどでは中国からの入国を制限する動きが出ています。
フィリピン、中国人への到着時ビザ発給停止 新型肺炎巡る懸念で-ロイター
新型肺炎 マレーシアが入国ビザ発給停止 中国湖北省の住人対象ーNHK NEWS WEB
香港、湖北省住民らに入境制限…マカオは隔離施設収容やカジノ入場禁止-読売新聞
フィリピン 中国人観光客460人余送還へ 感染拡大防止を理由に-NHK NEWS WEB
北朝鮮 北京からの自国民・外国人の入国禁止=新型肺炎予防で-聯合ニュース

日本はこのような対処を行わなくて大丈夫なのでしょうか?
日本国内での被害が拡大してから「あの時に中国からの入国を制限すべきだった」と言ったことのないように万全の処置をお願いしたいものです。

東日本大震災での福島原発事故の際の枝野氏の「直ちに人体や健康に影響を及ぼすことはない」が思い出されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

 今日は絵画好きの知人達と展覧会とオヤジ散歩を予定にしていましたが、一人が風邪気味なのと新型コロナウイルス肺炎のことが心配で取りやめました。

GMOが在宅勤務にしたことがニュースになっていましたが、企業レベルだけでなく、個人でも外出を控える人が増えてるのではないでしょうか。
GMO、新型肺炎で国内4000人を在宅勤務に 27日からー日本経済新聞

飲食店やレジャーなどのビジネスには大きな影響が出そうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全豪オープンテニスのシングルス3回戦で西岡良仁、大坂なおみ、が敗退しました。
Australian Open Tennis Championships

ATPランク71位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) が2位で第2シードのノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)に3-6、2-6、2-6のストレートで敗退。
3セットともにセット初めにサービスゲームをブレークされてしまい、あとはジョコビッチは軽く流している感じの一方的な試合展開となってしまいました。
サービス力があってストローク力で西岡を大きく上回るジョコビッチのサービスゲームをブレークできるチャンスはありませんでした。
ナダル、フェデラー、ジョコビッチの3強の実力はやはりずば抜けています。

WTAランク3位の大坂なおみ(Naomi Osaka)が67位のコリ・ガウフ(Cori Gauff)に3-6、4-6のストレートで敗退。
両者集中して入った第1セットの序盤では互角の打ち合いでしたが、3-4からの大坂のサービスゲームで、30-15からのガウフの当たりそこないの浅く入ったショットをバックハンドでストレートに強打したショットがネットしたところから大坂のバックハンドが大きく乱れていきます。
3連続でバックハンドショットをネットしてこのゲームを落とすとそのまま次のゲームをキープされて3-6で落としました。
第2セットの第1ゲームの大坂のサービスゲームでは今度は深めに打ったバックハンドストロークがオーバーしてアウトするようになりいきなりブレークされてしまいました。
直ぐに次のゲームをブレークバックしましたが、再度3-3からのサービスゲームをブレークされて、そのままブレークバックできずに逃げ切られてしまいました。
大坂選手にミスが多く、バックハンドが振り切れなくなってしまったようで、軽いイップスのような状況でした。勝たなければと言うプレッシャーが多きかったからなのでしょうか。
ガウフはファーストサーブが190kmを超え、スライスショットにドロップショット、ネットプレーなどバリエーション豊富なプレーでとても15歳とは思えない素晴らしいプレーをしていました。

西岡良仁 公式サイトTwitterFacebookInstagram

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全豪オープンテニスのシングルス2回戦で西岡良仁、大坂なおみ、が勝利し3回戦へ進みました。
Australian Open Tennis Championships
杉田祐一、伊藤竜馬、日比野菜緒は敗退しました。

ATPランク71位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) が32位で第30シードのダニエル・エヴァンス(Daniel Evans)に6-4、6-3、6-4のストレートで勝利。
2連勝と相性の良い対戦相手に対して西岡が危なげなく3セットストレートで勝ちました。
3回戦では2位で第2シードのノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)と対戦します。
過去の対戦成績は西岡の1敗。
勝つのは難しいでしょうが好調の西岡のテニスがどこまで通用するのか見るのが楽しみです。

89位の杉田祐一(Yuichi Sugita)が 16位で第17シードのアンドレイ・ルブレフ(Andrey Rublev)に2-6、3-6、6-7のストレートで敗退。
188cmの長身のルブレフのサービスが絶好調でファーストサーブが入るとほとんどポイントが取れませんでした。第3セットではタイブレークまで持ち込みましたが押し切られてしまいました。

144位の伊藤竜馬(Tatsuma Ito)が2位で第2シードのノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)に1-6、4-6、2-6のストレートで敗退。
やはりジョコビッチは強かった。
第2セットの前半では拮抗した場面もありましたが、ジョコビッチが少しギアアップすると全く歯が立ちませんでした。チャレンジャー大会がメインでポイントを稼いできた伊藤選手にとってはトップ選手のボールについて行くことが難しかったのでしょう。


WTAランク3位の大坂なおみ(Naomi Osaka)が42位のゼン・サイサイ(Saisai Zheng)に6-2、6-4のストレートで勝利。
第2セットの序盤ではサイサイの横に曲がる緩いスライスボールをハードヒットしてのミスショットを連発し、ブレークされてるシーンもありましたが、何とか冷静になりスライスボールにも慣れてくると2-4から一気に4ゲーム連取して勝ちました。
3回戦では67位のコリ・ガウフ(Cori Gauff)と対戦します。
過去の対戦成績は1勝。急激に成長している15歳。侮れない相手です。

103位の日比野菜緒(Nao Hibino)が23位で第22シードのマリア・サッカリ(Maria Sakkari)に6-7、4-6のストレートで敗退。
十分に勝てるチャンスがあったので残念な試合結果となりました。
敗退しましたが、予選から勝ち上がって2回戦まで進んだことにより80位台へランキングを上げてきたので、これからの活躍が期待されます。

西岡良仁 公式サイトTwitterFacebookInstagram
杉田祐一公式ブログ,Twitter
伊藤竜馬公式ブログ

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram
日比野菜緒公式サイトFacebook
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

今年最初のテニスのグランドスラム 全豪オープンが始まりました。
Australian Open Tennis Championships

シングルス1回戦では西岡良仁、杉田祐一、伊藤竜馬、大坂なおみ、日比野菜緒が勝利し2回戦へ進みました。
内山靖崇、土居美咲は敗退しました。

ATPランク71位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) が 40位のラスロ・ジェレ(Laslo Djere)に6-4、3-6、6-2、7-6で勝利。
ここのところ調子を上げている西岡が4セットタイブレークで勝ちきることができました。
2回戦では32位で第30シードのダニエル・エヴァンス(Daniel Evans)と対戦します。
過去の対戦成績は西岡の2連勝。相性は良さそうです。

89位の杉田祐一(Yuichi Sugita)が 231位のエリオット・ベンシェトリ (Elliot Benchetrit)に6-2、6-0、6-3ののストレートで勝利。
193cmの長身のベンシェトリ。長身を生かしたサーブやネットプレーがあるのではないかと思っていましたが、エンドライン後方での打ち合いがほとんど。
杉田はベンシェトリのボールが浅くなるとライジングで攻め、ネットプレーも積極的で一方的な展開での勝利となりました。
2回戦では16位で第17シードのアンドレイ・ルブレフ(Andrey Rublev)と対戦します。
過去の対戦はありません。

144位の伊藤竜馬(Tatsuma Ito)が122位のプラジュネシュ・グネスワラン(Prajnesh Gunneswaran)に6-4、6-2、7-5のストレートで勝利。
ランキング的にも実力的にも五分五分の感じでのストローク戦の試合でしたが、グネスワランの方にミスが目立ちました。
2位で第2シードのノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)と対戦します。
過去の対戦はありません。
伊藤選手のストロークがどの程度ジョコビッチに通用するのか2回戦が楽しみです。

93位の内山靖崇(Yasutaka Uchiyama)が 77位のミカエル・イマー(Mikael Ymer)に4-6、1-6、2-6のストレートで敗退。
怪我明けの内山選手はまだまだ本調子ではないようです。


WTAランク3位の大坂なおみ(Naomi Osaka)が 59位のマリー・ボウズコバ(Marie Bouzkova)に6-2、6-4のストレートで勝利。
優勝候補でディフェンディングチャンピオンの大坂選手。危なげのない良いスタートでした。
2回戦では42位のゼン・サイサイ(Saisai Zheng)と対戦します。
過去の対戦成績は1勝1敗ですが、最後の対戦が2016年。今の大阪なら危なげなく勝つと思われます。

103位の日比野菜緒(Nao Hibino)が 104位のペン・シュアイ(Shuai Peng)に4-6、7-6、6-3のフルセットで勝利。
第1セットを先取されますが、第2セットをタイブレークで取ると第3セット終盤ではペン・シュアイが痙攣をおこし、ほとんど左右に走れなくなってしまいました。
予選から勝ち上がった日比野は疲れを見せず最後までよい動きをしていました。2回戦が楽しみです。
2回戦では23位で第22シードのマリア・サッカリ(Maria Sakkari)と対戦します。
過去の対戦はありません。

82位の土居美咲(Misaki Doi)が 164位のハリエット・ダート(Harriet Dart)に6-2、4-6、6-7のフルセットで敗退。
第1セットを取り、第2セットを取られての第3セットの10ポイントタイブレークでは先にリードをしましたが、あと少しのところで勝利を逃してしまいました。
本当に惜しい試合でした。

西岡良仁 公式サイトTwitterFacebookInstagram
杉田祐一公式ブログ,Twitter
伊藤竜馬公式ブログ
内山靖崇公式ブログTwitter

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram
日比野菜緒公式サイトFacebook
土居美咲公式ブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

 知り合いの太陽の黒点活動について若いころから研究されている方からの年賀状に来年から寒冷化の影響が出てきて温暖化どころではなくなるとの予測が書かれていました。

気になってGoogleで「黒点 地球寒冷化」でニュースを検索してみると多数の記事が見つかりました。
ここのところ無黒点日が増えてきているようで、太陽活動の低下が懸念されるようです。
17世紀のマウンダー極小期の時には、寒冷化でテムズ川が凍り付いたようで、そのようなことが起こるのではないかと懸念されます。

氷河期到来の予兆か? ヨーロッパ各地で季節外れの大雪ーBIGLOBEユース
地球は2030年からミニ氷河期に入るのか?ー日経ビジネス
【ソロモンの頭巾】温暖化より怖い寒冷化 低下続く太陽活動と異常気象の気になる関係 長辻象平ー産経新聞
最近の地球温暖化の警告は「地球温暖化ビジネス」との話も聞かれますが、何年かしたらどちらが本当かわかってくるのでしょう。

また、東京での気温上昇はヒートアイランド現象による影響が大きいようで、都市化の影響が比較的小さいとみられる地点よりも年平均気温が1.5度ほど高くなっています。
東京と15地点平均の年平均気温偏差の経年変化?-ヒートアイランド現象 -気象庁

 我が家の周りでは高齢者独り住まいが多く、お亡くなりになると樹木に囲まれていた旧家が取り壊され大きなマンションが建ったり、小さな建売が何件も建ったりと、樹木がほとんどなくなっています。
また、湾岸エリアにはタワーマンションが建設されて海風の通りが悪くなってしまっています。

仕事によってはインターネットなどを利用して東京に住まなくても仕事ができるような時代になっています。東京への一極集中を止めないと、太陽活動が低下して地球が少しくらい寒冷化しても住めなくなってしまうのではないでしょうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ