アメリカのシンシナティで行われている、女子テニスのウエスタン・アンド・サザンファイナンシャルグループ・オープンの一回戦で、クルム伊達公子選手は残念ながらWTAランク114位のアクグル・アマンムラドワ(Akgul Amanmuradova)に1-6,2-6で一方的に敗退してしまいましたが、森田あゆみ選手がWTAランク57位のアランチャ・パーラ=サントンハ(Arantxa Parra Santonja)を7-6(7),6-2で破り二回戦へ進出しました。
第一セットのタイブレークを接戦で制し、2セット目はファーストサーブが90%入り、一方的なスコアで勝ちました。
森田さんはウインブルドンでグランドスラムで初勝利をてから、勝負に対して1ランク上がったように見えます。これからが楽しみです。

ウエスタン・アンド・サザンファイナンシャルグループ・オープン