USオープンテニスの3回戦で、錦織圭がATPランク23位のアルベルト・モンタネス(Albert Montanes)に2−6、1−2の途中棄権で敗れました。

第1セットから動きが悪かったのですが、2回戦の5時間にも及ぶ戦いで、痛めていた足の付け根の痛みが治らなかったようです。動きはあまり良くなかったのですが、対等な打ち合いをしていたので、それほど悪そうには見えなかったので、残念です。怪我の影響でジャパンオープンに来日できないような事の無い事を祈っています。

伊達・森田ペアのダブルスも敗退しているので、これでUSオープンの日本人は全て敗退となってしまいました。

US Open
錦織圭
USオープンテニス3回戦 錦織圭