錦織圭がATPツアーのインドのチェンナイの大会の2回戦でATPランク105位のアレハンドロ・ファリャ(Alejandro Falla)に4−6,6−3,6−2で逆転勝利しました。

今日はネットのストリーミングのサイトで映像が見れたので、ライブで応援しました。ウエアは新しく契約したユニクロのウエアを着ていました。

1セットを4−6で失った後、2セット目も3セット連続で取られて0−3に。もう駄目かと思われたころから、相手のリターンが浅くなってきたためか、錦織の厳しいアングルショットが決まるようになり、一気に6ゲーム連取で6−3で2セット目を取ってイーブンに。

3セット目に入っての1セット目のファリャのサーブの時に審判のスコアミスに抗議したのですが、受け入れられずファリャがキレてしまいました。

解説者もスコアミスだと言っているような感じでしたが、英語なので良く分かりませんでした。
試合を投げた、ファリャにつられて錦織もダブルフォルトをしてしまったりして、乱れてしまいましたが無事に6−2で3セット目を取りました。
あまり後味の良い試合ではありませんでした。

この大会には予選から勝ち抜いた杉田祐一も本戦出場し、1回戦は勝利していましたが、残念ながらロビン・ハース(Robin Haase)に6−4,3−6,4−6で逆転負けしてしまいました。
錦織 チェンナイ錦織 チェンナイ


ATPツアーChennai