ブログランキング・にほんブログ村へ

アメリカのヒューストンで行われている米国クレーコート選手権の準決勝で錦織圭がATPランク66位のパブロ・クエバス(Pablo Cuevas)に6-3,7-5で勝ち、決勝へ進出しました。
ブレーク合戦の2セットで1時間43分の長い試合でした。

この勝利で、150ポイントを獲得できるので最高ランクの56位を超えたと思われます。

決勝はATPランク93位のライアン・スウィーティング(Ryan Sweeting)との対戦になります。196cmの長身選手ですが、今年の2月にデルレイビーチ国際選手権で逆転で負かしているので多分今度も勝ってくれると思います。相手も当時の118位からランキングを上げてきているので、安心はできません。

優勝すると250ポイントを獲得できるので、いよいよ錦織の所属するIMGアカデミーの目標としている松岡修造選手の最高ランク46位を抜くプロジェクト(Project 45 No Longer a Secret November 7th, 2008)の目標達成が現実となって来ます。
錦織選手は盛田ファンドで中学生の時からIMGアカデミーに留学していました。

消えるポイントや他の選手のポイントなどにも依存するので、どうなるかは正確には分かりません。

現在の45位、56位あたりのランキングとポイントの状況は下記の通りです
45 Del Potro, Juan Martin (ARG) 1,015
46 Malisse, Xavier (BEL) 1,000
.
.
56 Nieminen, Jarkko (FIN) 862
.
.
61 Nishikori, Kei (JPN) 827

US Men's Clay Court Championship
錦織圭公式サイトブログ