ピンク・マルティーニ(PINK MARTINI)とのコラボアルバム1969でブレーク中の由紀さおりさんとピンク・マルティーニの、全米ツアーが始まったようで、テレビのニュースを見たところではかなり好評のようです。

由紀さおりさんのブログによるとワシントンのステージが終わって次はニューヨークでのステージがあるようです。
由紀さおりオフィシャルブログ「はじめの一歩 ー日々生ききるー」

アルバム 1969 には12曲が収録されています。

アルバム 1969 収録曲
1.ブルー・ライト・ヨコハマ
2.真夜中のボサ・ノバ
3.さらば夏の日
4.パフ
5.いいじゃないの幸せならば
6.夕月
7.夜明けのスキャット
8.マシュケナダ
9.イズ・ザット・オール・ゼア・イズ?
10.私もあなたと泣いていい?
11.わすれたいのに
12.季節の足音


EMI MUSIC JAPAN 由紀さおりオフィシャルサイトムービーのページに
Internet Radio Program 由紀さおりと1969年
マシュ・ケ・ナダ、
ブルー・ライト・ヨコハマ、
のビデオがアップされていました。

また、Youtubeにも色々な曲がアップされています。
今回のジョイントのきっかけとなった、ピンク・マルティーニのカバーによる、Taya Tanもアップされていました。
マシュ・ケ・ナダやパフなどの海外の曲を日本語で歌っています。

ネットの歌詞のサイトでパフ英語と日本語の詩を比べてみました。
日本語:パフ 由紀さおり&ピンク・マルティーニ 歌詞情報 - goo 音楽music.goo.ne.jp

英語:PUFF(THE MAGIC DRAGON) - 國府田マリ子&南かおり

私は、パフはPeter Paul & Maryの方が好きですが、海外の人には日本語の方がかえって新鮮に感じるのかもしれません。