ブログランキング・にほんブログ村へ

全仏オープンテニス(全仏オープン公式サイト)の日本人選手のシングルスは全て大会3日目に入りましたが、
森田あゆみが勝利したのみで、添田豪、伊藤竜馬、クルム伊達公子は初戦敗退しました。
森田あゆみ 3-6, 6-4, 6-3の逆転で 38位 ポローナ・エルコグ(Polona Hercog)に勝利
クルム伊達公子 3-6,1-6で 14位 フランチェスカ・スキアボーネ(Francesca Schiavone)に敗退
伊藤竜馬 1-6、5-7、0-6で 4位 アンディ・マレー(Andy Murray)に敗退
添田豪  1-6, 4-6, 4-6で 87位 ドミトリー・ツルスノフ(Dmitry Tursunov)に敗退

morita1森田はエルコグにはフェドカップで勝っているので、今回も期待できるのではと思っていましたが、見事逆転で勝ちました。森田はずいぶんと強くなってきました。
シングルス2回戦の対戦相手は初戦を6-0,6-0で勝ちあがった、絶好調の第2シード、マリア・シャラポアです。たぶん、センターコートで大観衆の前での戦いになると思います。森田のショットがどこまで通用するのか、今から楽しみです。ただ、シングルスの後のダブルス1回戦を体調不良で棄権したので、その後の回復の具合が気になります。
森田あゆみオフィシャルブログ

date1伊達 対スキアボーネの戦いは厳しいとは予想していましたが、ファーストセットのスタートのスキアボーネのサービスゲームをいきなりブレークして良いスタート。しかし、次の伊達のサービスゲームを本当に惜しいところで落としてしまいました。このゲームが非常に惜しかったと思います。その後、3-4からの伊達のサービスゲームもリードしていたのにブレークされてしまいました。そこから一気にスキアボーネペースになってしまいました。
伊達さんのブログ(伊達公子オフィシャルブログ)によると、ふくらはぎに痛みが出てしまったようです。確かに動きが悪く見えました。

ito1伊藤対マレーの戦いは2セット目に入って、少しマレーが脇腹を痛めたようで、調子が落ちたところに、伊藤の早いショットがびしばし決まり互角の勝負で、スタンドもかなり伊藤に声援を送ってくれましたが、力及ばずに落とすと、最後は一気に持っていかれてしまいました。伊藤選手はこのような気落ちしてから淡白な展開になってしまうケースが多いようです。そのあたりが気になりました。
増田健太郎コーチのブログ(増田健太郎公式ブログ )に現地の写真が掲載されています。
伊藤竜馬公式ブログ

soeda1添田の相手のツルスノフは現在のランキングこそ87位ですがキャリアハイ20位の壁は厚かったようです。
添田豪 公式ブログ