ブログランキング・にほんブログ村へ

着物の買い取りを行っている方から伺ったのですが、最近は売るつもりの無かったものを無理やり買い取って行く、押し買いが問題になっているようで、2月21日に押し買いの被害を防止するための法律が施行されたようです。
消費者庁:特定商取引に関する法律 を見ると、
近年、貴金属等を中心に、主に高齢者や女性を狙った訪問購入による被害が急増及び深刻化しています。他方、こうした被害に対しては、物品の売主である消費者を保護するための効果的な法令の規定が存在していませんでした。
こうした状況に対処するため、訪問購入取引を公正なものとし、物品を売り渡す消費者が受けることになる被害の防止を図ること等を目的として「特定商取引に関する法律の一部を改正する法律案」が平成24年3月2日に閣議決定されました。

との説明がありました。

NHK生活情報ブログ:「押し買い」来月から規制へには、今回の法改正の主なポイント、
 嵒埔契全誘の禁止」
◆屮ーリング・オフの適用」
「書面の交付義務」
などが記載されています。

押買 - Wikipediaによると、
「手口のひとつには一般家庭などを業者が訪問し、家庭にある様々な品物を言葉巧みに提示させ、極端な安値を告げ、まだ品物の持ち主が納得していないにもかかわらず、勝手に買い取ったことにして、品物を持ち去ってしまう行為がある。」、などの手口が紹介されています。

品物としては、「貴金属、宝飾品、着物、骨董品、自動車、バイク」など、高くて売りやすい商品がターゲットとなるようです。
「暴力や権力を用いるなどして、心理的に圧迫し、安値で売買が成立したことにしろ、と強要する業者もいる。」とありますから、安易にネットなどで見つけた見知らぬ業者を自宅に呼び入れるのには危険が伴いそうです。

売りたい商品を業者へ持ち込むとか、宅急便で送付して買い取ってもらうとかした方が得策かと思われます。