ブログランキング・にほんブログ村へ

いよいよ、コロンビアとのデビスカップのワールドグループ プレーオフが昨日から始まりました。
初日の昨日はシングルスの2試合が行われ、錦織で1勝、添田で1敗の五分五分のスタートとなりました。

第1試合
ATPランキング 12位の錦織圭(Kei Nishikori)が 94位のアレハンドロ・ファリャ(Alejandro Falla)に、6-3, 6-4, 6-4のストレートで勝ちました。
過去の対戦成績は錦織の3勝0敗。勝利は間違い無いと思っていましたが、やはり終始錦織ペースの試合でした。この調子なら3日目のナンバーワン対決も問題無さそうです。


第2試合
ATPランキング123位の添田豪(Go Soeda)が 87位のサンティアゴ・ヒラルド(Santiago Giraldo)に、4-6, 6-3, 5-7, 6-3, 1-6のフルセットで敗れました。
本当に悔やまれる試合でした。添田のサービスゲームで始まった最終セット、1−0からのヒラルドのサービスゲームがすごく長いゲームとなりました。このゲームでブレークポイントを握った添田に決定的なチャンスがありました。相手を左右に振り回し、がら空きになったコートへのストレート。このショットを大きく外に出してしまいました。絶対に決めなければいけないショットでした。
疲れの見えてきたヒラルドは第4セットをすてて、第5セットに勝負をかけてきました。その出だしのヒラルドのサービスゲームをブレークしておけば、試合の流れは一気に添田に傾くところでした。絶対に決めなければならない一球でした。

「このポイントを取るために厳しい練習をしてきたんだろう??」

松岡さんがコートで叫んでいた、「この一球は絶対無二の一球なり」が思い出されます。
この一球は絶対無二の一球なり - 早稲田大学庭球部
この一球は絶対無二の一球なり
されば身心を挙げて一打すべし
この一球一打に技を磨き体力を鍛へ
精神力を養ふべきなり
この一打に今の自己を発揮すべし
これを庭球する心といふ


デビスカップ JTA 公式サイトには、「あれで相手は乗ってきて、僕の方は気持ちが落ちてしまった」との添田のコメントが載っていました。本人も相当に悔しかった事でしょう。世界トップレベルの選手は土壇場で崩れることがありません。添田に必要なのは、技術面よりも精神面の強化かもしれません。


2日目の今日はダブルスの試合が行われます。
予定では、
錦織 圭/添田 豪 対 フアン・セバスチャン・キャバル(Juan Sebastian Cabal)/ロバート・ファラ(Robert Farah)
となっていますが、日本、コロンビアともに直前にメンバー変更してくる可能性があります。

私としては、昨日シングルスを戦った錦織と添田は休ませて、杉田祐一、伊藤竜馬のペアで戦った方が良いと思います。相手はダブルスのスペシャリストですので、錦織と添田で組んだとしても確実に勝てるとは言えません。最終日のシングルスの2勝にかけた方が得策と思われます。オリンピック招致活動のように、オールジャパンで戦って勝利を手にして欲しいものです。

このレベルの選手とのホームでのナンバー1,2対決で2勝出来ないようでは、ワールドグループで戦う資格は無いと思います。
これからジャパンオープンも開催されます。そのためにも、ここで錦織と添田を酷使するのは良くないと思われます。

日本チームメンバー
錦織圭(Kei Nishikori)(12位)
添田豪(Go Soeda)(123位)
杉田祐一(Yuichi Sugita)(144位)
伊藤竜馬(Tatsuma Ito)(161位)

コロンビアチームメンバー
サンティアゴ・ヒラルド(Santiago Giraldo)(87位)
アレハンドロ・ファリャ(Alejandro Falla)(94位)
フアン・セバスチャン・キャバル(Juan Sebastian Cabal)(ダブルス 47位)
ロバート・ファラ(Robert Farah)(ダブルス 56位)

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
添田豪 公式ブログ,Facebook
伊藤竜馬公式ブログ
杉田祐一公式ブログ

公式サイト
デビスカップ JTA 公式サイト
Davis Cup