冬場はベランダが寒いので、今年の冬は部屋の窓際で、水耕栽培のサニーレタスの水耕栽培にトライして見ました。

プラスチックのカップにバーミキュライトを入れ、その中にスポンジ上で発芽させた水耕栽培のサニーレタスを入れ、肥料としてはハイポネックスの粉末を1000倍に薄めて与えてみました。
プラスチックのカップには穴を開けておいて、いくつかのカップをまとめて、バーミキュライトを敷き詰めたプラスチックケースに入れてあります。根がカップの外まで伸びて一定増す。

このところ暖かくなってきたからなのか、成長が早くなってきました。
先日、妻が料理に使ったセリの根っこをカップに入れておいたら、これもうまく育ちました。

水耕栽培である程度大きくなったレタスを、このところ暖かくなってきたので、外の鉢に移植したら直ぐに枯れてしまいました。水耕栽培ではじめたら最後まで水耕栽培で行く方が無難なようです。

水耕栽培のサニーレタス