ブログランキング・にほんブログ村へ

今日から東レ パン・パシフィックオープン・テニスの本戦が始まりますが、予選は一昨日から行われています。

一昨日の予選1回戦には用事があって行けなかったので、残念ながらスタンフォードの大会でサマンサ・ストーサーに勝って話題になった、16歳で180cmの長身選手 大坂なおみの試合を見ることが出来ませんでした。
1回戦で青山修子に敗退してしまいましたが、試合後のインタビューによると、青山選手のフォア・バック両方両手打のフラットなストロークについていけなかったようです。

広場のステージでは奈良くるみと古閑美保のトークショーが行われ、大勢の人が集まっていました。
東レ パン・パシフィックオープン・テニス 広場

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 奈良くるみと古閑美保のトークショー


2回戦は有明コロシアムで行われた試合を一通り観戦しました。
第1試合
WTAランキング132位の江口実沙(Misa Eguchi)が271位の青山修子(Shuko Aoyama)に3-6、6-4、6-1の逆転で勝ちました。
2セット目から観戦しましたが、ほとんど互角の戦いでした。
173cmの江口と青山は20cm近い身長差。江口の跳ねるボールを肩口で返球を続ける青山に、徐々に疲れが出てきて逆転されました。
江口は勝ちましたが、センターへの甘い返球が多く、動きもあまり俊敏でなく感じました。動きの良い青山との対戦だから余計にそう感じたのかもしれませんが。
3回戦の99位のジャーミラ・ガイドソバ(Jarmila Gajdosova)戦では、もう少し厳しいコースを打ち分けていかないと勝利は難しいと思われます。
東レ パン・パシフィックオープン・テニス 江口実沙 対 青山修子

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 江口実沙 対 青山修子

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 江口実沙 対 青山修子

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 江口実沙 対 青山修子


第2試合
WTAランキング395位の澤柳璃子(Riko Sawayanagi)が 180位のアナスタシャ・ロディオノワ(Anastasia Rodionova)に7-6、4-6、0-6の逆転で敗れました。
浮き沈みの激しい試合で、第1セットは先にブレークしてリードしますが、逆転されまた追いついてタイブレークのシーソーゲーム。タイブレークではロディオノバがいきなりダブルフォルトしてくれて、終始リードして7-4で取りました 。
ここまでは良かったのですが、第2セットから徐々にロディオノバのペースに、終盤は一方的な試合となってしまいました。
澤柳は振られた時のショットの正確性に欠けていました。まだ若くて体幹が弱いのでしょうか、奈良のような切り替えしてエースを取るようなストロークを出せていれば、展開は変わっていたかもしれません。
東レ パン・パシフィックオープン・テニス 澤柳璃子 対 アナスタシャ・ロディオノワ

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 澤柳璃子 対 アナスタシャ・ロディオノワ


第3試合
WTAランキング248位の波形純理(Junri Namigata)が188位の尾崎里紗(Risa Ozaki)に6-2、6-2のストレートで勝ちました。
ランキングでは尾崎の方が上ですが、サービス・ストローク全ての面で波形の方が勝っていました。
フェドカップメンバーに選ばれた尾崎を注目していたのですが、大きなスタジアムで上がってしまったのでしょうか、動きが良くありませんでした。
東レ パン・パシフィックオープン・テニス 波形純理 対 尾崎里紗

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 波形純理 対 尾崎里紗


3回戦を勝ち抜くのは厳しいでしょうが、何とか一人でも多く本戦出場を出来ることを祈っています。


本戦ダイレクトインの奈良と伊達の対戦相手は既に決まっています、
WTAランキング37位の奈良くるみ(Kurumi Nara) 対 18位のカルラ・スアレス・ナバロ(Carla Suarez Navarro)
過去の対戦成績はありません。地元の応援をバックにきっと勝ってくれると期待しています。

WTAランキング86位のクルム伊達公子(Kimiko Date-Krumm) 対 24位のヴィクトリア・アザレンカ(Victoria Azarenka)
過去の対戦成績は伊達の0勝1敗で、2010年にシドニーでフルセットで敗れています。
伊達さんのブログを読むと肩の調子が悪いようです。元ランキング1位のアザレンカ相手に、万全でない体調で戦うのは厳しいと思われます。

WTA Head to Head:Kimiko Date-Krumm vs Victoria Azarenka

奈良くるみ公式ブログ
伊達公子オフィシャルブログ