人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

ロンドンで行われているATPワールドツアー・ファイナルの予選3戦目で錦織圭がフェレールに勝ちました。
フェデラーがマレーに勝ち、準決勝へ進むことが決まりました。

本来はミロ・ラオニチ(Milos Raonic)との対戦の予定でしたが負傷で急遽フェレールに交代しました。

ATPランキング5位の錦織圭(Kei Nishikori)が10位のダビッド・フェレール(David Ferrer) に4-6、6-4、6-1のフルセットで勝ちました。

第1セットは、錦織のサーブは2戦目よりもましでしたが、ダブルフォルトも多く、ほぼ互角のストローク戦。
錦織はフェレールのサービスゲームを1度ブレークしましたが、2ゲームブレークバックされ4-6で落としてしまいました。

第2セットに入ると錦織のファーストサーブが向上し安定してキープできると、ブレークチャンスを一度も与えずに、フェレールのサービスゲームを一度ブレークして6-4。

第3セットになると一方的な展開となり、フェレールのサービスゲームを3度ブレークして6-1で取りました。
今年は4回目の対戦となりましたがこれで4連勝。全てがフルセットでの勝利となりました。
粘り強いストロークが持ち味のフェレールも既に32歳。フルセットになると疲れが見えてきます。
逆に錦織はフィジカルトレーニングの成果か、非常にスタミナが付いてきました。

準決勝では多分、Aチーム一位通過のノヴァーク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)と戦うことが濃厚と思われます。

過去の対戦成績は2勝2敗の五分五分。今年は全米オープンで錦織が勝っていますが、パリマスターズではジョコビッチが勝っています。
ATP Head To Head:Kei Nishikori vs Novak Djokovic
予選の戦いぶりを見るとジョコビッチはかなり好調です。フェレール戦で調子を上げてきた錦織との最高レベルの戦いになると思われます。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook