人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

土日で慶応大学の日吉キャンパスで行われていた 慶應チャレンジャー国際テニストーナメント 2014の準決勝、決勝を観戦に行ってきました。
コートサイドに設置された臨時の観戦席で、迫力のあるプレーを間近で楽しむことが出来ました。
選手が観客席の直ぐ近くを通って気軽にサインにも応じてくれるのでテニスファンにはオススメの大会です。
慶應チャレンジャー国際テニストーナメント 2014準決勝


土曜日の準決勝戦。
ATPランキング116位で第2シードの添田豪(Go Soeda)が 230位のキール・エドモンドKyle Edmundに6-2、1-6、3-6の逆転で敗れました。
ブレーク合戦となった第一セットはきわどい所で添田が取りましたが、2セット以降は失速してしまいました。
エドモンドはランキングは下ですが19歳の伸び盛り。今年初めの300位台のランキングから順調に上げてきている選手ですので侮れないと思っていましたが、やはり厳しい結果となってしまいました。
慶應チャレンジャー国際テニストーナメント 2014準決勝

慶應チャレンジャー国際テニストーナメント 2014準決勝

慶應チャレンジャー国際テニストーナメント 2014準決勝

慶應チャレンジャー国際テニストーナメント 2014準決勝



もう一つの準決勝は、195位のジョン・ミルマン(John Millman)が180位で第8シードのチャン・ヒョン(Hyeon Chung)に6-3、6-4のストレートで勝ちました。


日曜日の決勝戦。
ATPランキング195位のジョン・ミルマン(John Millman)が 230位のキール・エドモンドKyle Edmundに6-4、6-4のストレートで勝ちました。
19歳のエドモンドは強烈なショットを決めていましたが、長身のためか低いボールでネットするケースが多く見られました。しっかり腰を下げて低いボールの処理が向上したらランキングを更にアップして来ると思われます。
イギリスはマレー以外にランキング100位以内の選手がいない状況ですので、イギリスでもこれからの活躍が期待されていることと思われます。

優勝したミルマンは159位くらいに、準優勝のエドモンドは191位くらいにランキングアップして来ると思われます。
慶應チャレンジャー国際テニストーナメント 2014 決勝

慶應チャレンジャー国際テニストーナメント 2014 決勝


慶応大学のテニス部の学生さんによる運営で、フレッシュな雰囲気の大会で、楽しく観戦させていただきました。
慶應チャレンジャー国際テニストーナメント 2014 決勝


今週は豊田でATPチャレンジャーツアー ダンロップスリクソン ワールドチャレンジ テニストーナメントが開催されます。慶応と同様に伊藤と添田が第1、2シードとなっています。その他にも沢山の日本人選手が出場しています。今週こそは日本人選手に決勝に進出してくれることを期待します。

添田豪 公式ブログ,Facebook
伊藤竜馬公式ブログ