人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Championships)のシングルス3回戦、錦織圭は勝ち上がり、ベスト16の戦いは今日行われます。


ATPランキング5位で第5シードの錦織圭(Kei Nishikori) が38位のスティーブ・ジョンソン(Steve Johnson)を 6-7、6-1、6-2、6-3の逆転で下し、4回戦へ進出しました。

2回戦と同様に立ち上がりからパワー全開で向かってきたジョンソンに対して、第一セットはタイブレークに持ち込まれ、ダブルフォルトのミスなどもあり奪われてしまいました。
しかし、第2セットの入りが素晴らしく、ここからペースアップした錦織が自分のペースに持っていきます。
第4セットの後半には全く寄せ付けない一方的な試合展開となっていました。
ジョコビッチやナダルの試合を見ているようで、助走から追いつき一気に抜き去るトッププレーヤーの戦いでした。
途中、ラケットのガットを張り替えていました(57、55と聞こえました)。
前半、ベースラインをオーバーするストロークが目立ちましたが、今のラケットはサーブが早くなりましたが、ストロークでは伸びすぎる傾向があるのかもしれません。

今日はダビッド・フェレールとの4回戦が行われます。
ここで勝てばベスト8。昨年がベスト16なので、ここからはATPポイントが加算されていきます。現在ランキング4位のワウリンカは昨年優勝。今年も優勝しないとポイントは維持できません。
錦織のトップ4入りをかけた戦いがこれから始まります。見逃すことはできません。

ATPランキング10位のダビッド・フェレール(David Ferrer)
過去の対戦成績は錦織の6勝3敗ですが、毎回長い苦しい試合となっています。ベスト8以降のことを考えると3セットストレートで勝ちあがりたいところです。
お互いがどのような作戦で挑んでくるのか、楽しみです。
ATP Head-To-Head:Kei Nishikori vs David Ferrer


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook