人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

アメリカのメンフィスで行われているテニスツアーのメンフィス・オープンのシングルス準決勝で、ATPランキング5位で、第1シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 41位のサム・クエリー(Sam Querrey)に5-7、7-6、7-6の逆転で勝ちました。

サービスが好調のクエリーのサービスゲームをなかなかブレークできず、逆に一度ブレークされて第一セットを落とします。

第2セットはお互いにキープキープでタイブレークに。タイブレークでは勝負強い錦織が7-5で取りました。

第3セットでは先にブレークされる厳しい展開でしたが、ブレークバックして追いつくと再度タイブレークに。
このセットも勝負強い錦織がタイブレークを7-5で取ってゲームセット。
負けていてもおかしくない試合でしたが、ここと言うところでのクエリーのミスに助けられました。
逆に土壇場での錦織の勝負強さが印象的でした。

決勝戦では、ATPランキング15位で、第2シードのケヴィン・アンダーソン(Kevin Anderson)と対戦します。過去の対戦はありません。

アンダーソンは203cm、89kg。ファーストサーブがガンガン入ってくると、なかなかブレークできません。
その為にも、自分のサービスゲームをきちっとキープして行く必要があります。準決勝戦のようにタイブレークに持ち込んで勝ちに行くような厳しい試合展開になるのではないかと思われます。

メンフィス・オープン公式サイト

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook