人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

アメリカのメンフィスで開催されている、テニスツアーのメンフィス・オープン(Memphis Tennis Tournament)のシングルス2回戦で錦織圭と西岡良仁が勝ち上がりました。

ATPランキング7位で第1シードの錦織圭 (Kei Nishikori)が 124位のライアン・ハリソン(Ryan Harrison)に6-2,7-5のストレートで勝ちました。
安定したサービスキープで一方的に押し捲っていたので、最後まで一気に行くかと思われましたが、第2セットの5-4のサービングフォーザマッチのゲームで、ハリソンにブレークされてしまいました。
少しばかり冷やりとさせられましたが、続く2ゲームをしっかり連取して勝ちました。
大会3連勝中の錦織としては、優勝してもランキングポイントが変わらないと言う厳しい状況ですから、1回戦で負けるわけには行きません。

3回戦はATPランキング93位のミハイル・ククシュキン(Mikhail Kukushkin)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の4連勝中。
今の錦織なら問題なく勝ってくれるでしょう。
ATP head to head: Kei Nishikori vs Mikhail Kukushkin


ATPランキング130位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) が82位のイリヤ・マルチェンコ(Illya Marchenko)に6-1、6-3のストレートで勝ちました。
この勝利で西岡はトップ100入りが見えてきました。

3回戦は58位で第4シードのサム・クエリー(Sam Querrey)と対戦します。
過去の対戦はありません。
198cmの長身選手。西岡とは30cm近い身長差があります。サービスリターンがかなり厳しいと思われますが、返球する事が出来て、ストローク戦に持っていければ勝機も見えてくると思われます。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

西岡良仁 公式サイトFacebook