人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

アメリカのメンフィスで開催されている、テニスツアーのメンフィス・オープン(Memphis Tennis Tournament)のシングルス準決勝で錦織圭が勝ち上がりました。

ATPランキング7位で第1シードの錦織圭 (Kei Nishikori)が 58位で第4シードのサム・クエリー(Sam Querrey)に3-6、6-3、6-3の逆転で勝ちました。
第1セットは、クエリーの左右へ振り分ける高速サーブの調子が良く、フラットで打ち込んでくる強力なフォアハンドストロークも決められてしまい、サービスゲームをブレークするチャンスはありましたがブレークする事が出来ず、逆に1ゲームブレークされて落としてしまいました。
しかし、錦織は慌てることなく、徐々にクエリーのサービスにアジャストし錦織ペースに。第2セット以降はサービスゲームを安定してキープして勝ちました。試合中に調整していくところはさすがでした。

決勝戦では145位のテイラー・フリッツ(Taylor Fritz)と対戦します。

フリッツは18歳の主催者推薦の新人選手。今回が始めての対戦です。193cmの長身からのサーブがガンガン入ってくると、準決勝同様に苦戦するかもしれません。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook