ブログ村 美術へ>にほんブログ村 美術ブログへ

昨日は、六本木の国立新美術館で開催中の国画会の公募展『国展』へ。
絵画、版画、陶芸、写真、染織物(着物)、など多岐にわたる素晴らしい作品が多数展示されていて、色々とかじっている私には非常に刺激になる展覧会でした。

係員の方にお伺いしたところ、フラッシュを使わなければ写真撮影は自由とのお話でしたので、撮影させていただきました。

下記の国画会情報板のページを携帯で見せると、入場料金が割引になります。
>>国画会情報板
国立新美術館での開催は5月9日(月)までで、終了後は名古屋、大阪、福岡などへ巡回展示されます。

会場では、偶然、伝統木版画教室の朝香先生(朝香伝統木版画教室)にお会いし、版画作品のご説明をしていただきました。
朝香先生は、江戸時代の浮世絵の彫師の技法を伝承されていて、 海外への浮世絵製作技術の普及にもご尽力されています。

六本木の国立新美術館で開催中の『国展』へ。絵画、版画、陶芸、写真、染織物(着物)、など

六本木の国立新美術館で開催中の『国展』へ。絵画、版画、陶芸、写真、染織物(着物)、など

六本木の国立新美術館で開催中の『国展』へ。絵画、版画、陶芸、写真、染織物(着物)、など

六本木の国立新美術館で開催中の『国展』へ。絵画、版画、陶芸、写真、染織物(着物)、など