人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全仏オープンテニス(Roland Garros French Open - Official Site)のシングルス3回戦で、錦織が勝ち4回戦へ。大坂は敗退しました。 

ATPランキング6位で第5シードの錦織圭(Kei Nishikori) が 52位のフェルナンド・ベルダスコ(Fernando Verdasco)に、6-3、6-4、3-6、2-6、6-4で勝利。
サウスポーのベルダスコの強力なフォアハンドストロークに押され、サービスゲームのキープに苦しみましたが、第1、第2セットは何とか錦織が取りました。
第3セットからはベルダスコのペースとなり、第3、第4セットを連取され第5セットへ。
第5セットでは勝ちを意識したのか疲れなのか、ベルダスコのストロークに乱れが見え、ミスに救われる形で錦織がリード。、終盤ではベルダスコの動きがかなり落て来て、すんなり勝ち切りました。
第3セットから苦戦した錦織は、32歳のベルダスコに対して、作戦として体力消耗戦にもって行ったのかもしれません。
最近の錦織は格下に対しては本当に取りこぼしがなくなりました。

4回戦は12位で第9シードのリシャール・ガスケ(Richard Gasquet)との対戦となります。
過去の対戦成績は錦織の2勝6敗ですが、今年は2連勝しています。
地元フランスの応援で完全アウェーですが、今の錦織の調子ならきっと勝ってくれるでしょう。
ATP Head to Head: Kei Nishikori vs Richard Gasquet
4回戦は今日の午後6時(現地時間11時)からの3試合目に行われる予定です。

101位の大坂なおみ(Naomi Osaka) が 6位で第6シードのシモーナ・ハレプ(Simona Halep)に6-4、2-6、3-6の逆転で敗退しました。
強打の打ち合いとなった第1セット、大坂のストローク力が僅かに勝り、6-4で取りました。
しかし、キャリアハイ2位で経験豊富なハレプ。浅いボールに弱い大坂の弱点をしっかり見抜き、ドロップショットを交えての前後に揺さぶりで、完全にハレプペースに持って行かれてしまいました。
第2、第3セットと大坂のファーストサーブインの確率が5割以下に落ちてしまいました。190km/hを超える強力なサーブを持っていても、6割以上は入らないとサービスゲームのキープは難しくなります。
ファーストサーブの精度アップとネットプレー技術の向上があれば、トップ10レベルの選手にも十分に勝てる可能性を見せてくれた試合でした。
今回の活躍でランキングを85位くらいにアップしてくると思われます。次のウインブルドンでも本戦にダイレクトインできます。
サービス力が生きる芝のコートでの更なる活躍が期待されます。

大坂は土居とペアを組んでダブルスにも出場していました。
テレビ中継がされましたが、二人ともダブルス経験が乏しくネットプレーでのミスが目立ちました。
負けはしましたが、今後のためには良い練習になったと思われます。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

奈良くるみ公式サイト
Naomi Osaka 大坂 なおみ | Facebook