人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

有明で行われている女子テニスのトーナメント 東レ パン・パシフィックオープン・テニスの準々決勝で、期待の18歳の大坂なおみが勝ち準決勝へ進みました。
東レ パン・パシフィックオープン・テニス - TORAY PPO TENNIS

昨日も有明で生観戦させていただきました。

WTAランキング66位の大坂なおみ(Naomi Osaka)が107位のアリアクサンドラ・サスノビッチ(Aliaksandra Sasnovich)に6-3、7-6のストレートで勝利。
2回戦同様に立ち上がりの悪い大坂、第1セットの第1ゲームでいきなりブレークされて始まりましたが、直ぐにブレークバックして、そのまま優勢に試合を進めて6-3で取りました。

サスノビッチのサービスで始まった第2セットはいきなり5連続で取られて0-5。
途中極端にサーブのスピードが落ちてきて、肩でも痛めたのかと心配しましたが、ここから目が覚めたのか、サスノビッチが勝ちを意識したためか、一気に調子を上げた大坂が5ゲーム連取し追いついてタイブレークへ。
タイブレークでも先にミニブレークされてリードされますが、結局8-6で取りゲームセット。
最後は193kmのサービスエースで決めるところが大坂選手らしい勝ち方でした。

大坂のファーストサーブインの確率が48%。サービス力のある大坂でもこれではサービスキープに苦しみます。
準決勝ではもう少しファーストが入らないと厳しい戦いになるでしょう。
東レ パン・パシフィックオープン・テニスの準々決勝で、期待の18歳の大坂なおみが勝ち準決勝へ

東レ パン・パシフィックオープン・テニスの準々決勝で、期待の18歳の大坂なおみが勝ち準決勝へ

東レ パン・パシフィックオープン・テニスの準々決勝で、期待の18歳の大坂なおみが勝ち準決勝へ


準決勝では20位の エリーナ・スイトリナ(Elina Svitolina)と対戦します。
過去の対戦成績は1勝1敗。今年の全豪オープンで大坂がストレートで勝っています。
WTA head to head: Naomi Osaka vs Elina Svitolina
スイトリナは順調にランキングアップしている22歳の若手選手でキャリアハイ14位。第1シードのムグルサを破り勝ち上がってきています。
昨日フルセットを戦ったスイトリナよりも体力的には大坂が少しばかり有利かもしれませんが、簡単には勝たせてくれないでしょう。

もし、大阪選手がこのまま勝ち進んで優勝すると、1995年の第12回大会でダベンポートを破って優勝した伊達公子以来の21年ぶりの優勝となります。
第12回大会|東レ パン・パシフィックオープン・テニス

今日の準決勝戦はBSのTBSで12時から放送されますが、残念ながら第1試合のみの放送のようなので、大阪選手の第2試合は放送されないようです。
BS-TBS 東レ パン パシフィック オープンテニス

Naomi Osaka 大坂 なおみ | Facebook