人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全豪オープンテニスのシングルス2回戦で、錦織圭が勝利し、今日の3回戦へ進みました。西岡良仁、大坂なおみは敗退しました。
全豪オープンテニス 公式サイト

ATPランキング5位の錦織圭(Kei Nishikori)が 72位のジェレミー・シャーディ(Jeremy Chardy)に6-3、6-4、6-3のストレートで勝利。
一回戦とは違い、終始錦織ペースの試合展開で、安心して見ていられる試合内容でした。
ただ、少し集中が切れてしまうためなのか、サービスゲームを3度ブレークされてしまいました。
このクラスの選手相手なのでブレークバックして勝つことは出来ますが、上位選手相手には許されません。
集中力を高めてスッキリと勝って欲しいところです。
3回戦では、121位のルーカス・ラッコ(Lukas Lacko)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の2勝0敗です。4回戦以降の厳しい戦いのためにも、3ー0ストレートで勝って欲しい試合です。

99位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) が 14位で第13シードのロベルト・バウティスタ アグ(Roberto Bautista Agut)に2-6、3-6、3-6のストレートで敗退。
スコア的には0-3となってしまいましたが、バウティスタのサービスゲームをブレークし、十分に勝てるチャンスがあると思いました。 
ただ、西岡がミスをした際に頭を下げて落胆してしまう態度が気になりました。このような態度は対戦相手を勢い付けさせてしまい、一気に押されてしまいます。メンタル面での向上が必要と思われます。

WTAランキング47位の大坂なおみ(Naomi Osaka)が 9位で第9シードのヨハンナ・コンタ(Johanna Konta)に4-6、2-6のストレートで敗退。
大坂が先にコンタのサービスゲームをブレークするチャンスがありましたが、流石にトップ10の選手は、集中力が違います。ここを、切り抜けられると後はコンタの一方的な試合展開となってしまいました。
また、大坂の動きに鈍さが感じられたのが少し心配です。オフシーズンに焼肉を食べ過ぎて、太ってしまったとか言う事が無いと良いのですが。
体が絞れて、動きが良くなってくれば、十分にトップ10選手に勝てる可能性はあると思います。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

西岡良仁 公式サイトTwitterFacebook

Naomi Osaka 大坂 なおみ | Facebooktwitter