人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全豪オープンテニスのシングルス4回戦で、錦織圭がフェデラーに敗退しました。
全豪オープンテニス 公式サイト

ATPランキング5位の錦織圭(Kei Nishikori)が17位で第17シードのロジャー・フェデラー(Roger Federer)に7-6、4-6、1-6、6-4、3-6のフルセットで敗退。
 この試合、第1セットの戦い方が試合結果に大きく左右したと思われます。
 フェデラーのサービスゲームで始まった第1セット、出だしからストローク好調の錦織ペースでフェデラーのサービスゲームを2連続でブレークし4-0。
ここから、お互いにサービスゲームをキープして5-2。7ゲーム目ではフェデラーがラブゲームキープ。フェデラーの調子も徐々にアップしてきました。

 ここで、プレッシャーを感じたからなのか大きくリードしている安心感からなのか、次の錦織のサービングフォーザマッチのゲームで、15-0からのアドサイドでゆるいスライスサーブを打ってネットダッシュしてアウト、30-15でもサービスでネットダッシュして今度はネット。その後きわどい判定もあって、このゲームを落としてしまいました。
 フェデラーのバックサイドをトップスピンやスライスのバリエーション豊富なストロークで攻めて優勢に進めてきた錦織が、このサービスダッシュで自らリズムを崩してしまいました。このセットは結局はタイブレークで錦織が取りましたが、ここでの消耗が結局は試合後半の疲労につながったと思われます。

 5-2 15-0から強いサーブをワイドに打ってこのポイントを取りサービスゲームをキープして、6-2でこのセットを取っていたら、試合の流れは大きく錦織へ行っていたでしょう。

 結果論なので、あのサービスダッシュが決まっていたら、流石に錦織と言う事になってたでしょうが、一方的に優勢な試合展開での同様のシーンを何度も目にしているので、書かせていただきました。

 スコア的にはフルセットでしたが、勢い付いたフェデラーは観客の応援も後押しにし、その後は安定したサービスゲームのキープ、錦織はアドサイドでポイントをほとんど取れなくなってしまい、ほぼ一方的なゲーム展開となってしまいました。

これで対フェデラー4連敗となりました。
ATP Head to Head:Kei Nishikori vs Roger Federer

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook