人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

アメリカのインディアンウェルズで開催されているBNPパリバ・オープンのシングルス3回戦で、錦織圭、西岡が勝利し4回戦へ。大坂は敗退しました。
BNP Paribas Open: Home

今回の男子の試合はマスターズ1000の大会で、NHKのBSで生中継されています。

ATPランキング5位で第4シードの錦織圭(Kei Nishikori)が28位で第25シードのジル・ミュラー(Gilles Muller)に6-2、6-2のストレートで勝利。
サウスポーのミュラーに対してもう少し苦戦すると思いましたが、危なげのない勝利でした。
錦織のファーストサーブインの確率が78%。スピードは早くありませんが、コースを上手く打ち分けて手堅くサービスゲームをキープし、一度もブレークされませんでした。
対するミュラーのファーストサーブインの確率は49%。ダブルフォルトも多く、トータル4回のサービスゲームをブレークしました。

4回戦では60位のドナルド・ヤング(Donald Young)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の4連勝中です。
ATP Head to Head:Kei Nishikori vs Donald Young

今回の大会はラオニッチが負傷欠場しているので、錦織選手が4位へ上がる可能性が高くなってきました。


70位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka)が14位で第13シードのトマス・ベルディヒ(Tomas Berdych)に1-6、7-6、6-4の大逆転勝利。

身長差26cm、196cmの長身のベルディヒの強烈なサーブやストロークに押され、第1セットを最初のサービスゲームをキープしただけで1-6で落とすと、第2セットも2ゲームブレークダウンで2ー5でベルディヒのサービスゲーム。
観客の誰もがこれでゲームセットと思ったでしょうが、ここから脅威の逆転劇が始まりました。

いくら振り回されても俊敏な対応で返球する西岡の粘りと暑さによる疲れなのか、徐々にベルディヒにミスが出始め、信じられないようなスマッシュミスやダブルフォルトなどで自滅していきました。
第2セットをタイブレークで取るとファイナルセットは西岡が押し気味の試合展開となり6-4で勝利。

シード選手が下位の選手相手に最初は劣勢でも逆転して勝つのは度々見かけますが、これほどの逆パターンは記憶にありません。本当に見事な勝利でした。

西岡はこの勝利でキャリアハイを更新し、50位台に上がってくると思われます。

4回戦では3位で第3シードのスタン・ワウリンカ(Stan Wawrinka)と対戦します。
過去の対戦はありません。
予選から連続6試合。体力的には限界に近いところに来ていると思われます。どこまで体力を回復できるかが、鍵になると思われます。

WTAランキング52位の大坂なおみ(Naomi Osaka)が9位で第9シードのマディソン・キーズ(Madison Keys)に1-6、4-6のストレートで敗退。
昨年の全米オープンのリベンジとは行きませんでした。
4度あったブレークチャンスを一度もブレークできず、逆に大坂は4度のブレークピンチのうち三回ブレークされてしまいました。チャンスでの集中力の違いがトップ10選手との差なのでしょう。

敗れはしましたが、大坂選手は3回戦まで進んだ事で、土居選手を抜いて日本人選手のトップランキングとなります。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

西岡良仁 公式サイトTwitterFacebook

Naomi Osaka 大坂 なおみ | Facebooktwitter