人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

アメリカのマイアミで開催されているマイアミ・オープンのシングルス4回戦で、錦織圭が勝利し、準々決勝へ進みました。尾崎里紗は敗退しました。
Miami Open

今回の男子の試合はマスターズ1000の大会で、NHKのBSで生中継されています。

ATPランキング4位で第2シードの錦織圭(Kei Nishikori)が57位のフェデリコ・デルボニス(Federico Delbonis)に6-3、4-6、6-3のフルセットで勝利。
初対戦の相手のプレーを探るように、お互いサービスキープの緊張感のあるスタートの第1セットでしたが、徐々にデルポニスのサービスに慣れてくると、錦織が2-3から一気に4ゲーム連取して6-2で取りました。

延びのあるストロークが深く入る安定したストロークの錦織でしたが、第2セットに入ると途中で左膝を痛めたようで、サーブが入らなくなり、フットワークが悪くなったための振り遅れが原因なのか、ストロークがネットにかかることが多くなりました。第2セットは4-6で落としましたが、マッサージを受けながらプレーを続けました。

悪い流れを引きずったファイナルセットも先にブレークされましたが、徐々に膝の具合が戻ってきたのか、集中力を高めた錦織が1-2から4ゲーム連取して5-2に。その後キープ・キープで6-3で取りました。
第3セットは5本のダブルフォルトでファーストサーブインの確率が50%。このスタッツでよく勝てたと思います。

準々決勝では40位のファビオ・フォニュイーニ(Fabio Fognini)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の2連勝中ですが、フォニュイーニは4回戦を1時間ほどでストレートで勝ち上がってきています。
錦織の2時間を越える戦いでの疲れと膝の怪我の具合が心配されます。
ATP head to head: Kei Nishikori vs Fabio Fognini


女子。
WTAランキング87位の尾崎里紗(Risa Ozaki)が1位で第1シードのアンジェリーク・ケルバー(Angelique Kerber)に2-6、2-6のストレートで敗退。
スコア的には一方的のようですが、第1、2セットで1ゲームずつケルバーのサービスゲームをブレークできました。
サービスゲームのキープ率を高めていけば、このレベルの選手にも十分に通用すると期待できる結果でした。
尾崎は今回の活躍で70位台にランクアップしてくると思われます。全仏での活躍が期待されます。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

尾崎里紗 twitter