人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

ウインブルドンテニスのシングルス3回戦 錦織圭、大坂なおみが敗退しました。
>The Championships, Wimbledon


ATPランキング9位で第9シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 19位で第18シードのロベルト・バウティスタ アグ(Roberto Bautista Agut)に4-6、6-7、6-3、3-6で敗退。
各セットの終盤に集中力が切れてサービスの入りが悪くなり、ミスが多くなり落とすと言う流れでした。
軽やかなステップワークの錦織のプレーがグラスコートでは滑るので、なかなか思ったようなプレーが出来ずにストレスがたまり、集中力が落ちてしまうのではないかと思われます。
錦織の4連勝中の対戦相手だったので、これほどの苦戦になるとは予想外でした。


WTAランキング59位の大坂なおみ(Naomi Osaka) が11 位で第10シードのヴィーナス・ウィリアムズ(Venus Williams)に6-7、4-6のストレートで敗退。
ハードヒッター同士の迫力ある試合でした。
ヴィーナスのセカンドサーブではエンドラインの中に入って強打する攻撃的なテニスを最後まで貫く。負けはしましたが、将来に期待を持たせてくれる試合でした。
満員の第1コートの観客は大いに満足したことでしょう。


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitter