ブログ村の海外旅行へ>にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ


外務省の海外安全ホームページに注意喚起がされていますが、今回、アメリカ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と承認したことに反対する大規模な抗議集会による、治安の悪化がパレスチナだけでなく世界各国で発生することが予測されるようです。
これから年末年始の海外旅行シーズンとなりますが、各国の米国の公館や関連施設へ近寄るのは控えた方が良さそうです。


海外安全ホームページ【広域情報】2017/12/07
エルサレムをイスラエルの首都と承認する等の米国大統領布告発出に伴う注意喚起(新規)
【ポイント】
●米国がエルサレムをイスラエルの首都と承認し,大使館をエルサレムに移転する方針を表明したことを受け,エルサレムではパレスチナ人による大規模な抗議集会が呼びかけられています。
●米国は世界各地にある自国の在外公館に対し,警備を強化するよう指示したとの報道もあり,世界各地で米国を対象とした抗議集会等の発生が懸念されますので,米国の公館や関連施設周辺への立ち入りはなるべく控え,やむを得ず訪れる際は不測の事態に巻き込まれないよう注意してください。
.................
>>詳細【広域情報】 エルサレムをイスラエルの首都と承認する等の米国大統領布告発出に伴う注意喚起



海外安全ホームページ【スポット情報】2017/12/07
エルサレムをイスラエルの首都と承認する等の米大統領布告発出に伴う注意喚起(新規)

1 6日,米国がエルサレムをイスラエルの首都と承認し,大使館をエルサレムに移転する方針を表明しました。

2 これに関連し,既に5日,パレスチナ諸派は,米大使館のエルサレム移転が発表されることに抗議するため,エルサレムを含むパレスチナ全域で12月6日(水)〜8日(金)の3日間を怒り(rage)の日とし,パレスチナ自治区の全都市中心地での集会,米大使館・総領事館前での座り込みに加え,7日正午からラマッラにて行進を行うことを発表しています。更に,ハマスも,8日(金)をイスラエルに対する怒りの日とするよう全パレスチナ人に対し呼びかけを行っています。

3 特に,毎週金曜日の正午頃には,各地のモスクにおいて,イスラム教徒による大規模な集団礼拝(金曜礼拝)が行われますので,それに伴うデモ,衝突等,治安の悪化が懸念されます。また,イスラエル及びパレスチナに所在する米国関連施設(大使館,総領事館等)や検問所周辺においても抗議デモ等が実施される可能性がありますので,同施設周辺への接近についても十分な注意が必要です。
............
>>詳細【スポット情報】 エルサレムをイスラエルの首都と承認する等の米国大統領布告発出に伴う注意喚起