人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

モナコのモンテカルで行われていた、テニスのモンテカルロマスターズのシングルス決勝で錦織がナダルに敗退しましたが、グランドスラムに次ぐポイントの多い大会での決勝進出により、ATPランキングを22位まで大幅にアップしました。

ATPランキング36位の錦織圭 (Kei Nishikori)が1位で第1シードのラファエル・ナダル(Rafael Nadal)に 3-6、2-6のストレートで敗退。
第1セットの出だしから強烈な打ち合いで互角に戦った錦織でしたが、打っても打ってもさらに厳しいところへ返球してくるナダル相手に徐々に疲労が見えてきました。
途中、ストロークのリズムを変えてみたり、ネットプレーなど色々とトライしていましたが、クレイキングと言われる鉄壁の守りのナダルに死角はありませんでした。

錦織選手の改善中のサーブですが、ファーストサーブインの確率が52%、得点率が54%。ファーストサーブがなかなか入らず、入れに行って甘くなると叩かれると言う悪循環をなかなか改善することが出来ません。

今大会はノーシードから第2シードのチリッチと第3シードのズベレフに勝ち上がっての決勝戦でしたので、1回戦免除でストレートで楽に勝ち上がってきたナダルと比べての疲労度の違いも大きかったと思われます。
負けはしましたが、トップ10に戻れる実力を示した大会となりました。

決勝戦まで過酷な戦いとしたので疲れが心配ですが、このままの調子で全仏を迎えることができれば、好成績が期待できます。

今週はスペインのバルセロナでバルセロナオープンに出場します。
今大会は第14シードで2回戦からで、一回戦で杉谷に勝って2回戦に上がってきた、69位のギエルモ・ガルシア=ロペス(Guillermo Garcia-Lopez)と対戦。
過去の対戦成績は錦織の3勝0敗。疲労回復ができていれば、すんなり勝ち上がれると思われます。
勝ち上がると3回戦ではナダルと対戦することが濃厚です。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook