人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

アメリカのシンシナティで開催されているW&Sオープン(Western & Southern Open)のシングルス1回戦で錦織圭が勝利、2回戦へ進みました。

ATPランキング20位で第7シードの錦織圭(Kei Nishikori)が37位のアンドレイ・ルブレフ(Andrey Rublev)に7-5、6-3で勝利。
出だしの良かった第1セット。先にルブレフのサービスゲームをブレークして5-3のサービングフォーザセットを迎えましたが、ここでブレークバックされてしまいました。
その後、6-5からのルブレフのサービスゲームを再びブレークして7-5。

第2セットはルブレフに先にサービスゲームをブレークされる苦しい展開でしたが、ルブレフのサービスゲームを2ゲームブレークバックして6-3で勝利。
20歳の伸び盛りでランキング急上昇中のルブレフ。調子に乗せたら危険な相手でしたが、2セットで勝ち切ることができました。
カナダのトロントで開催されたロジャーズカップでは1回戦負けとなっていたので心配でしたが一安心しました。

勝てはしましたが、ファーストサーブインの確率が54%でダブルフォルトが5本。
ロジャーズカップの時と同様にサーブが不調なのが心配されます。

2回戦ではスタン・ワウリンカ(Stan Wawrinka)と対戦します。
過去の対戦成績は4勝4敗。
現在のランキングは151位ですが元3位で1回戦では第12シードのシュワルツマンに勝ち上がっています。もう少しファーストサーブが入らないと苦しい展開になると思われます。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram