人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

オーストラリアのメルボルンで開催されているテニスのグランドスラム 全豪オープンのシングルス準々決勝で大坂なおみが勝ち上がりました。錦織圭は敗退しました。
Australian Open Tennis Championships

ATPランキング9位で第8シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 1位で第1シードのノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)に1-6、1-4 途中リタイアで敗退。
1日練習を休んで体力の回復を行った錦織ですが、4回戦までの厳しい試合での体力消耗が大きかったようです。最初から本来の動きが出来ませんでした。
錦織の場合には、ストロークでポイントを取って行くれに巣スタイルなので、格下の選手相手にも体力消耗が大きくなります。7連戦を勝ち抜くグランドスラムでは、ドローに相当に恵まれないと優勝は難しいと思われます。
負けはしましたがベスト8に勝ち上がったことにより、来週のランキングでは7位にアップします。今シーズン、これからの活躍が期待されます。

WTAランキング4位で第4シードの大坂なおみ(Naomi Osaka)が7位で第6シードのエリーナ・スイトリナ(Elina Svitolina)に6-4、6-1のストレートで勝利。
第1セットは大坂が3-2からスイトリナのサービスゲームをブレークしてからすべてブレーク合戦で6-4で取りました。大坂はウイナーも多いがミスショットも多くサービスゲームの安定度に欠けました。

第2セットに入るとスイトリナが肩を痛めたようでメディカルタイムアウトを取るなどで、一方的な展開となり6-1で勝ちました。

準決勝では、8位で第7シードのカロリーナ・プリスコバ(Karolina Pliskova)と対戦します。
昨年の東レPPOの決勝でストレートで負けています。
厳しい戦いになると思われます。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram