人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

オーストラリアのメルボルンで開催されているテニスのグランドスラム 全豪オープンのシングルス準決勝で大坂なおみが勝ち上がりました。
Australian Open Tennis Championships

WTAランキング4位で第4シードの大坂なおみ(Naomi Osaka)が8位で第7シードのカロリーナ・プリスコバ(Karolina Pliskova)に6-2、4-6、6-4のフルセットで勝利。
第1セット、プリスコバのサービスゲームを2ゲームブレークして6-2で取り、
第2セットもいきなりプリスコバのサービスゲームをブレークして楽勝ムードでしたが、ここから逆襲され2ゲームブレークバックされて4-6で落としてしまいました。
第3セットでは0-1からの大坂のサービスゲームでブレークポイントを握られますがこれを凌いでキープすると、次のプリスコバのサービスゲームをラブゲームでブレーク。そのままキープして逃げ切り6-4で勝ちました。
苦しい場面をサービスエースで切り抜けることができる、サービス力の差が出ました。

決勝では、6位で第8シードのペトラ・クビトバ(Petra Kvitova)と対戦します。
過去の対戦はありません。
182cmの長身のサウスポーのクビトバの球筋に早くアジャストできるかどうかが鍵となると思われます。
勝てばランキング1位、負けても2位となります。

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram