人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全仏オープンテニスのシングルス4回戦、錦織が勝利し準々決勝へ進みました。
Roland Garros French Open - Official Site
クレーキング ナダルとの準々決勝は今日行われます。

ATPランキング7位で第7シードの錦織圭(Kei Nishikori) が 38位のブノワ・ペール(Benoit Paire)に6-2, 6-7, 6-2, 6-7, 7-5のフルセットで勝利。
3回戦とほぼ同じような試合となりました。
第1セットを錦織、第2セットをペール、第3セットを錦織、第4セットをペールが取るシーソーゲームの2ー2でファイナルセットへ。
先にサービスゲームをブレークされた錦織がブレークバックして追いつき、更にブレークされてもブレークバックして追いついて迎えた5ー5からのペールのサービスゲームをブレークして次のサービスゲームをきっちりキープして勝ち切りました。最終的にペールの方に疲れによる集中力の低下によるミスに救われました。

この試合、ペールのサービスゲームで始まった第1セット、第2ゲームで先にサービスゲームをブレークされて0-2となりますが、ここから一気に6ゲーム連取で6-2で第1セットを取ると、第2セットもその勢いで、第1ゲームのペールのサービスゲームで15-40とブレークチャンスを握りました。
ここでこのゲームをブレークすることが出来ていたら、すんなりと3セットストレートで日没前に勝てていたように思われます。結果的に、ここでペールに息を吹き返させてしまい、もつれた試合展開となり、日没順延で2日がかりの戦いとなってしまいました。
ロングラリーで疲労度の高いクレーコート。集中を高めたままで維持するのは相当に難しいことなのでしょう。

準々決勝では 2位で第2シードのラファエル・ナダル(Rafael Nadal)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の2勝10敗。
万全な体調でも勝つのが難しい対戦相手。深く大きく跳ねてくるボールに対して、ショートポイントで取って行くのは容易ではありません。日没順延で休日なしの戦いとなってしまった錦織の疲労の回復がどこまでできているかが心配です。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook