人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

テニスの4大大会ウインブルドンのシングルス4回戦、錦織圭が勝利。今日の準々決勝でフェデラーと対戦。
Wimbledon - The Home of Tennis

ATPランキング7位で第8シードの錦織圭(Kei Nishikori) が 58位のミハイル・ククシュキン(Mikhail Kukushkin)に6-3、3-6、6-3、6-4で勝利。
第1セットは2-1からのククシュキンのサービスゲームをブレークしてそのまま逃げ切って、6-3でとりましたが、第1セット後半からリターンゲームでハードヒットした時のミスが目立つようになりました。リードしたことでさらに攻撃的に行ったようですが、ミスが多くククシュキンに楽にゲームをキープさせたことによって、調子を上げさせてしまいました。
その流れのまま第2セットへ。3-4から錦織圭のサービスゲームをブレークされ、3-6で落としました。

第3セットは少し丁寧にプレーするようになった錦織が、今度は逆に4-3からのククシュキンのサービスゲームをブレークして、3-6でとりました。

第4セットは、いきなりククシュキンのサービスゲームをブレークしますが、サーブの安定しない錦織もブレークされるブレーク合戦となり、3-2に。
ここから何とかサービスゲームをキープして逃げ切り6-4で勝ちました。

3回戦では好調で70%以上入っていたファーストサーブの入りが急に悪くなり、第1セットこそファーストサーブインの確率が64%でしたが、第2セット以降は60%を割り込んでしまいました。
もう少しサーブのスタッツを上げていかないと、準々決勝以降を勝ち抜いて行くのは難しいと思います。

準々決勝では3位で第2シードの ロジャー・フェデラー(Roger Federer)と対戦します。
ATPツアーでの過去の対戦成績は錦織の3勝7敗。
フェデラーは4回戦を1時間14分でストレートで勝ち上がってきています。かなり調子がよさそうです。
錦織のファーストサーブが入りサービスゲームをキープしていければ、勝機も見いだせると思われます。
積極的にサービスダッシュしてくるフェデラーに対して、リターンのうまい錦織がどのような返球を見せるか、今日の試合観戦が楽しみです。
ウインブルドンのシングルス4回戦、錦織圭が勝利。今日の準々決勝でフェデラーと対戦。


錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram