人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

今年最後のテニスの4大大会全米オープンのシングルス1回戦、錦織圭、西岡良仁、大坂なおみが勝利、2回戦へ。
土居美咲は敗退しました。
US Open Tennis Championships

ATPランキング7位で第7シードの錦織圭(Kei Nishikori) が 205位のマルコ・トランジェリティ(Marco Trungelliti)に6-1、4-1途中棄権のストレートで勝利。
最初から動きの悪いトランジェリティ。わき腹を痛めているようで試合中にマッサージ治療などを受けていましたが、途中棄権となりました。錦織選手にとっては負担のない試合で2回戦以降へ向けてよいスタートだったと思われますが、このレベルの相手に対してファーストサーブの入りが悪かったのが少し気になります。

2回戦では108位のブラッドレイ・クラン(Bradley Klahn)と対戦します。
過去の対戦はありません。
錦織選手の体調が悪くなければ順調に勝ち上がれると思われます。

59位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) が 151位のマルコス・ギロン(Marcos Giron)に3-6, 6-4, 6-4, 6-4の逆転で勝利。
格下のギロンに対して第1セットを奪われる苦しいスタートでしたが、ズルズルと負けないところが最近の西岡選手の強さ。第2セットから3連続で取っての勝利でした。

2回戦では61位の フェリシアーノ・ロペス(Feliciano Lopez)と対戦します。
過去の対戦は西岡の1勝0敗。2016年のマイアミで勝っていますが、簡単に勝てる相手ではありません。


WTAランキング1位で第1シードの大坂なおみ(Naomi Osaka) が 84位のアナ・ブリンコワ
(Anna Blinkova)に6-4、6-7、6-2のフルセットで勝利。
第1セットは大坂のサービスゲームを先にブレークされ1-4まで行ってしまいましたが、そこから5ゲーム連取で6-4で取りました。
第2セットは5-5からのブリンコワサービスゲームをにブレーク、次の大坂のサービスゲームでマッチポイントを握りましたが、これを取り切れずにそのままタイブレークで落としてしまいました。
非常に不安な展開となってしまいましたが、
第3セットではブリンコワのサービスゲームを2ゲームブレークして6-2で勝利しました。
ディフェンディングチャンピオンの重圧があったのかもしれません。

2回戦では53位のマグダ・リネッタ(Magda Linette) と対戦します。
過去の対戦成績は1勝1敗。今年の全豪オープンでは大坂が勝っています。

108位の土居美咲(Misaki Doi) が 9位で第10シードの マディソン・キーズ(Madison Keys)に5-7、0-6のストレートで敗退。
第1セットは先に土居のサービスゲームをブレークされますが、すぐにブレークバックして5-5まで行きました、ここから2ゲーム連取され5-7で落とすと、第2セットは一方的な展開となってしまいました。


錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

西岡良仁 公式サイトTwitterFacebookInstagram

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram

土居美咲公式ブログ