人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

今年最後のテニスの4大大会 全米オープンのシングルス3回戦、大坂なおみが勝利、4回戦へ。
錦織圭は敗退しました。
US Open Tennis Championships

ATPランキング7位で第7シードの錦織圭(Kei Nishikori) が 38位のアレックス・デ ミノー(Alex de Minaur)に2-6、4-6、6-2、3-6で敗退。
不調のサーブの練習を重ねている錦織選手ですが、不調を意識しすぎてよけいに入らなくなっているように思われます。ファーストサーブインの確率が56%で、入った時のポイント率が54%。
入れに行った甘いサーブを叩かれてしまう悪い展開でした。
20歳のデミノーはとにかくフットワークが素晴らしく、決めに行ったショットをカウンターショットで決められてしまったり、決まったと思ったショットを何度も返されてしまい、錦織選手の攻め手がなくなってしまいました。
動きにも少し精彩がなかったので、体調が万全でないのかもしれません。しっかり回復して、これからのアジアシーズンでの復活に期待します。

WTAランキング1位で第1シードの大坂なおみ(Naomi Osaka) が140位のコリ・ガウフ(Cori Gauff) に6-3、6-0のストレートで勝利。
第1セット、ブレーク合戦でお互い2ブレークで迎えた4-3からのガウフのサービスゲームをブレークして最後のサービスゲームをキープして6-2で取ると、ここから一気に8ゲーム連取して勝ちました。
15歳の新星ガウフとの注目の一戦はセンターコートで2万人を超える観衆で埋まりましたが、予想外のワンサイドゲームとなりました。
試合後には落胆して涙するガウフを誘って一緒にインタビューを受けた大坂選手。ガウフが13歳の時に一緒に練習をしたこともあるようで、妹のような気持ちで接しているのかもしれません。

4回戦では12位で第13シードのベリンダ・ベンチッチ(Belinda Bencic) と対戦します。
過去の対戦成績は大坂の1勝2敗。
今年は2連敗しています。かなり厳しい戦いになると思われます。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram